www.japanskates.com

www.japanskates.com Forum Index

 FAQ Search  Memberlist Usergroups Register Profile  Log in to check your private messages Log in 


2012 Finlandia Trophy

 
Post new topic   This topic is locked: you cannot edit posts or make replies.    www.japanskates.com Forum Index -> Japan Skates Forum
View previous topic :: View next topic  
Author Message
shimmerzoo



Joined: 26 Apr 2011
Posts: 194

PostPosted: Thu Oct 04, 2012 3:22 am    Post subject: 2012 Finlandia Trophy Reply with quote

Now I'm in Finland, starting a live "Backstage" report of Men(and other categories if I have some more time...).

I'm going to post Tweets in Japanese @japanskates, and all reports in English will be posted later on blogs here, as English needs x1.5 characters… so, please wait here for its translations, I'll send notifications via Twitter in English as well.

Please keep in touch for this exciting skating week, hope you enjoy with Japan Skates!

日本語のリポートは、Twitterの@japanskatesでお届けします。
https://twitter.com/japanskates
_________________
Aiko Shimazu
島津愛子


Last edited by shimmerzoo on Mon Sep 23, 2013 1:18 am; edited 1 time in total
Back to top
View user's profile Send private message Send e-mail
shimmerzoo



Joined: 26 Apr 2011
Posts: 194

PostPosted: Fri Oct 05, 2012 2:18 am    Post subject: Backstage with Japan Skates @ 2012 Finlandia Trophy Reply with quote

::: Backstage with Japan Skates @ 2012 Finlandia Trophy :::

- it's twitter(@japanskates) Japanese live-reporting translation, sorry for the delay, as always...
日本語 http://japanskates.com/forum/viewtopic.php?p=579#579

+++ Thursday Men Practice +++

Adrian SCHULTHEISS (w/ an incredible small head!) FS run-through
SP"DubseEpic Symph" (Irina Romanova)
FS"Avan La Pluie, &more" (Salome Brunner)
He seems to have much avant-garde 2 programs this season, in gothic-psychedelic his own style. and seems to change his jumps rotating, from his former gothic-psychedelic form…

Yuzuru HANYU (coach: Brian Orser "and Tracy Wilson") FS
= So What!? buzz =
He's getting longer than Kent(o NAKAMURA)! in a lo----ng and lea----n shape!
SP"Parisienne Walkways" (Jeffrey Buttle)
FS"Norte Dame de Paris" (David Wilson)
skipping most jumps, but made an effortless 3A-3T in the middle part. You know he got injured approx. 3 weeks ago, so, looked not in-form today, still he made quads after run-through, though. Yet, Yuzuru's smile was quite in-form!

Kento NAKAMURA FS
SP"Vizior" (David Wilson)
FS"Symphony No.3 (Saint-Saens)" (Kenji Miyamoto)
He hadn't successful jumping practice, but had a stunner free leg in his 2011-13 FS Organ, it made me heavenly feeling… it reminded me something heavenly, I'm not sure what it is yet.
After run-though struggling against 3A and made it finally, then working on 4T with some coach, not his coach Yutaka HIGUCHI. checked SP choreography and spins as well.

Javier FERNANDEZ (coach: Brian Orser "and Tracy Wilson") FS
SP"El Zorro" (David Wilson)
FS"Chalie Chaplin" (David Wilson)
Today's best run-though, hit 4T-3T, 4S, - in such a "bravo!" mood at Barona Areena, 4T(planned?) in the 2nd half was fallen, but he made other jump elements with ease. He'll make a different comedy from last season, I guess it could be his "Pirates of the Caribbean" upgraded. Unlike skating-pause-acting, he has much more skating-and-acting in his "Chaplin".


Richard "Ricky" DORNBUSH SP
SP"With or Without You" (Mark Pillay)
FS"The Wild Ones, Harlem Nocture and Rooftops" (Cindy Stuart)
U2 "With or Without You" is arranged for his SP. 3A so good! sorry for I couldn't watch his practice since other guys had done warm-up. looking forward to watching his rock performance in competition!

Johnny WEIR (coach: Galina Zmievskaya) FS
SP"Poker Face"("music gifted personally by Lady GAGA")
FS"Phoenix"
choreographer: Johnny Weir, Galina Zmievskaya "with consultation from Nikolai MOROZOV"
Johnny's warm-up was so interesting, he was gliding on the edge keeping ballet upperbody poses, in not male pants, not female leggings either, such Johnny-matching bottoms as I see it!
He was in great shape utmost, as well as skating energetically the most among young stars Group 2. In run-through made 3A and a choreographer made his signature flash dance move in footworks.
A lot journalists surrounding him, Finnish TV camera recording his quote, I saw he enjoying his return, a super star is back!

Misha GE FS
SP"Flamenco"
FS"Charlie Chaplin Remix"
You'll meet 2 Charlie Chaplins here: Javier and Misha, a surprise in Espoo. But you'll see the long long awaited Misha Spectacle Show at last, his soul fire works, and only you can say "that's it!" Even though his 3A wasn't so stable, other triples were no problem! He was cherished even in practice as always.


+++ Friday Men SP Practice +++

Yuzuru HANYU
run-through: 4T(fall) 3Lz-3T, which is connected with backward "Lunge", such a highlight! Jeff's choreography features his long arms and legs so impressively, as same as the program for Shion KOKUBUN(Japaneses Ladies), those moves are lavishly ornamented. Yuruzu was struggling with 4T drill, but he made it at the final attempt, that I've seen so many times.


Javier FERNANDEZ
run-through: 4T 2A 3Lz(missed second jump), but he's still in-form. skated to Zorro epic.

Richard "Ricky" DORNBUSH
His U2 SP, I guess American guys "wanna do" such a natural, rock program. mistook 4Tcombo in run-through but 3A was no problem.

Misha GE
skipping jumps in run-through, his quickness flashed through "Flamenco", a ballroom program w/spectacle, of course!

Kento NAKAMURA
still failing in jumps in run-through, though, "mysterious(as its theme)" eagle-3A, handsome 3Lz-3T, dancing step-3F - his jumps recovered!

Johnny WEIR
mane on shoulder, sheer top, luxury crystals, and his own romantic dancing. "Poker Face - gifted personally by Lady GAGA", BritPop-like classical arrangement you can hear in the first half, and house remix completes his alternative aethetics, you'll fall in it, without worries about his jumps.


Adrian SCHULTHEISS
He killed 4T-3T so consistently, despite its mistake in run-through. 3A is the effortless jump, with backward entry and rapid preparation, which makes a gothic-psychedelic moment!



+++ Men SP +++

Yuzuru HANYU (2nd 75.57 TES37.97 PCS38.60)
His opener 4T was fallen and under-rotated, but such as the Donut spin, Ina Bauer(?)* looking like "へ(Japanese character)", every single difficult move was given applause. 3A in the second half, 3Lz-2T(planned 3T).
(*Yuzuru told it's "alternative Lunge", too.)
His performance is going to get more and more "bluesy" than it was at THE ICE in July. He played spins as a musical instrument, so exquisitely as "Jeff asked me to do", crowds loved to listen to him.


Javier FERNANDEZ (1st 80.77 TES42.03 PCS38.74)
4T, 3A, 3Lz-2T(planned 3T as same as Yuzuru) in the second half. He stumbled in footworks, as he was fighting so hard, but he turned around in the Lunge position, then B.Orser turned "YaY"! The "へ" position seemed to be beloved in Finland. Full of his accomplishment met a fever of excitement in Zorro's finale.

Richard "Ricky" DORNBUSH (3rd 71.19 TES35.56 PCS35.63)
3T(turn planned 4T), 3A(excellent), 3Lz-"2T(tano)" was so clever. solid positions in spins.

Misha GE (6th 61.32 TES30.15 PCS32.17)
3F-3T, 3A(fall), 3Lz(touch down with free foot), yet his dancing never flops, The Flamenco Spectacle was DONE! You'll see the hero of crowds, Misha GE - after his every performance.

Zhan BUSH (5th 69.01 TES38.50 PCS31.51)
4T(fall planned 4T-3T), 3A, 3Lz-3T. "tranquil, e spiritoso" performance was taken to crowds hearts.

Kento NAKAMURA (9th 54.14 TES24.30 PCS30.84)
3Lz(fall planned 3Lz-3T), 3A("mysterious" looking), 1F(planned 3F) in the second half. There was no thrilling beat and strength, Kent's signature.
FCSp was no value like Summer Skate(in Toronto) his last competition. It takes some time for this coming up rose of Japan to fully come up. Depressed Kent in the Kiss and Cry. Brian Orser and Ghislain Briand are his temporary coaches at Finlandia Trophy.


= So What!? report =
I found the red-on-white mark(heart?) onto Johnny's right palm, but I couldn't ask him "Could you show its mark?" at his mixed zone interview… I must correct my hesitation.
(Got it! the mark: A heart @ Cup of Russia)



Johnny WEIR (4th 69.03 TES31.94 PCS37.09)
"It feels so good to finish the first step and this come back," it was "not a great performance, but a very good first step," - 4T(two feet, downgraded), 3A, 3Lz-2T(planned 3Lz-3T), fabulous StSq +GOE 0.67, even though he stumbled a bit. Actually I didn't remember the mistakes, his stunning flair gets prepared well for the season!
((mixed zone interview))
Dropbox
http://dl.dropbox.com/u/26421987/Johnny_WEIR_Finlandia2012_after_SP.m4a
Google Drive
https://docs.google.com/open?id=0B3mhlZCPLLTmMWNVX2lyRVkwOTg
SugarSync
https://www.sugarsync.com/pf/D7421636_65867151_02552

Adrian SCHULTHEISS (7th 57.30 TES26.16 PCS31.14)
3F-2T(planned 4T-3T!), 2A(planned 3A), 3Lz… The evil laughed, while the crowds kept quiet.

Men SP judges scores
http://www.figureskatingresults.fi/results/1213/FT2012/FT2012_Men_SP_Scores.pdf


+++ Men FS Practice (brief report) +++

Javier FERNANDEZ
Actually he plans 4T(the 3rd quad) in the second half / so easy 3F-1Lo-3S in run-through / killed 4T-3T, 4S in the session

Yuzuru HANYU
planning an opener 4T, 4S, but he couldn't make in run-through, in the session either / 3A(excellent) but jumps were not stable, in between 4T drill, he rotated without fastening his arms, seemed to make sure that he did quads in the right form, while in run-through he tried 4T as well as 4S!(both fall)


Richard "Ricky" DORNBUSH
plans 4T x 2 / working on choreography

Johnny WEIR
run-through: 4T<<(?), 3A(excellent) dancing his heart out on footworks with the flash dance move / crystals, frill, sheer, black&white


Kento NAKAMURA
jumps and everything, what's wrong!?

Misha GE
"music violation" deduction -1 confirmed, in order to dedicate his showmanship to the audiences even in competition!?

Adrian SCHULTHEISS
plans 4T on the planned program content / working on gothic-on-gothic choreography


Men FS Planned jump elements
8. SCHULTHEISS {4T 3A 3Lz-3T 3Lo // 3A-2T 3F 3S 3Lz-2T-2Lo}
9. GE {3A 3F-3T 3Lz-2T 3Lz 3Lo // 3F 3S-2T-2Lo 2A}
10. NAKAMURA {4T 3A-3T 3F 3Lz // 3A 3S-2T-2T 3Lz-2T 3Lo}
11. DORNBUSH {4T-2T 4T 3A // 3Lz-3T 3A-2T-2Lo 3Lo 3F 3S}
12. FERNANDEZ {4T-3T 4S 3A // 4T 3Lz-2T 3Lo 3F-1Lo-3S 3S}
13. WEIR {4T-2T 3A 3F // 3Lo 3A-3T-2Lo 3Lz-2T 3Lz 3S}
14. BUSH {4T-3T 3A 3F-2T 3Lo // 3F 3S 3Lz-2T-2Lo 3T}
15. HANYU {4T 4S 3A // 3A-3T 3Lz-2T 3Lz-2T-2Lo 3Lo 3F}


+++ Men FS +++

Adrian SCHULTHEISS (9th 120.54 TES60.28 PCS60.26 overall 177.84 8th)
opened with 4T with ease, barely made 3A in the second half, but unfortunately couldn't add its second jump as combo, and 3S was singled. Overall very crowd-pleasing performance, even though he chose and danced to gothic-on-gothic music like "The Bristol sound", Nordic stylish people really enjoyed and cheerfully clapped.


Misha GE (6th 126.60 TES61.76 PCS65.84 overall 187.92 6th)
waiting for the Swedish punk guy's Kiss & Cry, he put a nice 3A onto the ice. When his name was announced, Charlie Chaplin himself was going to the starting position, the showmanship hooked crowds even before its start. Charlie Chaplin opened with 3A - two feet, downgraded, but he gave gusty efforts on the rest of jump elements as he planned, THEN! the curtain went up for the spectacle footwork show, "hear the lyrics? go deduct -1 points, THE RULES!" Hip-Hop dancing Charlie Chaplin was flashing along the enthusiasm of crowds.
The showman struck a cord with crowds as he planned, and Charlie Chaplin proudly left the ice to the Kiss & Cry. One lady was hustling, to tell him "I Love You!", shouting and shaking whole body like a gorilla. Misha gifted her his improvisational perfect gorilla move. I wished a song by the band "Gorillaz" could be played, to make this heartfelt moment perfect.


Kento NAKAMURA (4th 133.28 TES66.94 PCS68.34 overall 187.42 7th)
He flipped the atmosphere of Charlie Chaplin, when he showed his majesty with a starting pose. Soothing ambience he sent. 4T changed to 3T with flow, 2 3As made, but 3S-3T(3T fall), 3Lz fall. He recovered on 3Lo - ChSq with some of his strength - spin, a good ending.

"I was able to give determined efforts this competition," read more Kent's interview. (Sorry, English hasn't finished yet, giving determined efforts at this moment! but you can enjoy his massage video and photos and illustrations right now.)
http://pigeon-post.net/interviews/JS_Kent_Finlandia2012_interview_jp.html

Richard "Ricky" DORNBUSH (2nd 168.80 TES92.12 PCS77.68 overall 239.99 2nd)
A sincere jazz program, 4T-2T, and one more quad! - fall, hit 7 triples as he planned. 3Lz-3T in the second half was tano-tano (GEO +1.63). "All-Level4" spins every position was crystalized.

Javier FERNANDEZ (3rd 154.43 TES72.95 PCS81.48 overall 235.20 3rd)
His opener 4T-3T consistency - was stable. 4S doubled. changed 4T in the second half to 3T. Some jumps popped, but another Charlie Chaplin's quality skating-and-acting really appealed to crowds.

Johnny WEIR (5th 132.39 TES56.65 PCS75.74 overall 201.42 4th)
Planned opener 4T-2T - 4T slightly touch down with free leg and underrotated. Despite some mistakes on the elements, his performance itself was like "I made it." Hu----ge ovations for the star coming back in competitions at the Espoo Barona Areena.
The song "Phoenix" includes "Requiem for a Dream", the most played song on the ice, Johnny's dancing showed radiant hook of its music.
((mixed zone interview))
Dropbox
http://dl.dropbox.com/u/26421987/Johnny_WEIR_Finlandia2012_after_FS.m4a
Google Drive
https://docs.google.com/open?id=0B3mhlZCPLLTmRVVKcHVNRnA2T1E
SugarSync
https://www.sugarsync.com/pf/D7421636_65867151_02550

Yuzuru HANYU (1st 172.56 TES90.70 PCS81.86 overall 248.13 1st)
Killed 4T and 4S! which he seemed to be unable to make in the practice session. Although Jumps layout wasn't showed as his plan, the crowds gave standing ovations to him, their hearts went out to Yuzuru, who pushed himself over the limit. The hero ran out, knocked down onto the ice.

Read this Hero Interview! - On his way for the "Ultimate Yuzuru HANYU"
http://www.japanskates.com/interviews/Yuzuru_Finlandia2012_interview_en.htm



Men FS judges scores
http://www.figureskatingresults.fi/results/1213/FT2012/FT2012_Men_FS_Scores.pdf


Results / Judges Scores
http://www.figureskatingresults.fi/results/1213/FT2012/index.htm


+++ Ladies SP Planned jump elements +++
Mirai NAGASU planned 3Lz-2T(she did 3T-3T<<fall) & 3Lo,
3-3 girls:
Jasmin COSTA 3T-3T 3F
Julia LIPNITSKAIA 3Lz-3T 3F
Kiira KORPI 3T-3T 3Lo
Natalia POPOVA 3F 3T-3T
Beata PAPP 3T-3T 3F
Juulia TURKKILA 3T-3T 3F

+++ Ladies FS Planned jump elements +++
7. Mirai NAGASU {3Lz-2T, 2A-3T, 3F // 3Lz, 3Lo-2T-2Lo, 2A, 3Lo}
8. Isabelle OLSSON {3Lz, 2A-3T, 3S-3T // 3Lo, 3Lz-2T-2T, 3S, 2A}
9. Juulia TURKKILA {3T-2T, 3S-2T, 3Lo, 3S // 2A-2T-2Lo, 3T, 2A}
10. Kiira KORPI {3T-3T, 3Lz, 3F, 3Lo-2T // 3S-2T-2Lo, 3Lo, 2A}
11. Julia LIPNITSKAIA {3Lz-3T, 2A-3T-2T, 2A, 3Lo // 3Lz-2T, 3F, 3S}
4. Sonia LAFUENTE {3F, 3Lz, 3Lo-2T-2Lo, 3T-2T // 3Lo, 3T-2T, 2A}
1. Beata PAPP {3T-3T, 3Lz, 3S, 3Lo // 2A, 2A-2T-2Lo, 3S}


+++ Ladies photos +++

1st place Julia LIPNITSKAIA


2nd place Kiira KORPI


3rd place Mirai NAGASU



+++ OI/MIZUTANI photos +++







thanks to: N..fj for photos, Paja for illustrations
_________________
Aiko Shimazu
島津愛子


Last edited by shimmerzoo on Sat Sep 14, 2013 4:37 am; edited 7 times in total
Back to top
View user's profile Send private message Send e-mail
shimmerzoo



Joined: 26 Apr 2011
Posts: 194

PostPosted: Fri Nov 09, 2012 4:41 am    Post subject: Backstage with Japan Skates @ 2012 Finlandia Trophy Reply with quote

::: Backstage with Japan Skates @ 2012 Finlandia Trophy :::

in English http://japanskates.com/forum/viewtopic.php?p=541#541

〜twitterの現地リポートより〜

+++ 男子木曜日練習 +++

第一グループ
オードリアン・シュルタイス選手 FSの曲かけ。
SP"DubseEpic Symph" (Irina Romanova)
FS"Avan La Pluie, &more" (Salome Brunner)
SPもFSも両方、おなじみのゴシックな不思議感で攻めてる模様。ジャンプのローテーションが変わった様子。胸騒ぎがしない回転になっています!頭が信じられない小ささ。

第二グループ
羽生/中村/フェルナンデス/ドーンブッシュ/ウィアー選手が各々アップ的な滑りを見せる中【知らんがな速報】「羽生結弦選手が、中村健人選手より長くなりました。」ガタイはまだ小さいですがタッパと手足が長い!

曲かけ前
ウィアー選手は、バレエのポーズでストレッチをしながらエッジに乗っている独特のアップ。男子が履くパンツではなく女子が履く厚手タイツっぽいのでもなく、ちょうどソレ!ってかんじのジョニーボトムスでした。

羽生結弦選手 FS
SP"Parisienne Walkways" (Jeffrey Buttle)
FS"Norte Dame de Paris" (David Wilson)
(コーチは Brian Orser、Tracy Wilson)
ジャンプはスキップが多く、でも中盤に3A-3Tを簡単に決めていました。怪我明けということもあり本調子ではなさそうでしたが、曲かけが終わって四回転も決めていました。笑顔はいつものやつでした。

中村健人選手 FS
SP"Vizior" (David Wilson)
FS"Symphony No.3 (Saint-Saens)" (Kenji Miyamoto)
ジャンプの調子が…でしたが、2年目の「オルガン」のフリーレッグの滑らかなこと!見ていたらなにかを思い出して気持ちよくなるのですが、それがなにかが出て来ません。
曲かけが終わって、3Aも苦労の末決まっていました。樋口先生ではないコーチ(バイオは「樋口豊」のみ)と4回転を反復練習。ショートの踊りの確認やスピンの練習で終了。

ハビエル・フェルナンデス選手 FS
SP"El Zorro" (David Wilson)
FS"Chalie Chaplin" (David Wilson)
(コーチは Brian Orser、Tracy Wilson)
今日一番の出来のFSの曲かけ 4T-3T、4Sと決めて行って場内は拍手喝采。後半に4Tを予定しているようで、それは転倒。いろんなジャンプがラクに決まる。
"チャップリン"は昨季のコメディ路線とはまた違うコメディで、パイレーツオブカリビアンのアップグレードなかんじです。止まってお芝居、というよりも滑りの中で演じる時間が増量中。


リチャード"Ricky"ドーンブッシュ選手 SP
SP"With or Without You" (Mark Pillay)
FS"The Wild Ones, Harlem Nocture and Rooftops" (Cindy Stuart)
SPはU2の"With or Without You"のアレンジ、3A◎。他の選手のエンジンがかかり始め、あまり確認出来ませんでした。ごめんなさい。本番をお楽しみに!

ジョニー・ウィアー選手 FS
コーチはおなじみGalina Zmievskayaさん
振付は本人とコーチ("with consultation from Nikolai MOROZOV" =ニコライの意見も取り入れつつ)
SP"Poker Face"("music gifted personally by Lady GAGA" =ガガが「この曲あげるわ」と。)
FS"Phoenix"
ガタイとしたら一番デカイ選手でした。若い このグループの中でも一番精気溢れるスケーティング。FSの曲かけで3Aも決め、御本人の振付ということで、例の仰け反るムーヴがステップにも入っていました。
復帰戦ということで練習後海外記者陣が囲み取材をしていましたが、行き遅れました… フィンランドのテレビもコメント取りをしたり、まさに「スター」でした!長州力クラスの上半身の強さを感じました。

ミーシャ・ジー選手 FS
SP"Flamenco"
FS"Charlie Chaplin Remix"
フェルナンデス選手とのまさかのチャップリンかぶりですが、終盤に例の魂が弾けるミーシャスペクタクルが待っています!それをずっと待ってて、「ソレソレーッ」と声に出さざるを得ませんでした。3Aはまだ安定していませんが、他のトリプルはもう安心。練習でもオオウケだったミーシャでした。


+++ 男子SP練習 +++

羽生結弦選手
曲かけでは4T転倒。昨日から反復練習をしているstep-3Lz-3T。このコネクティングとして足を前後に広げるMIF*(名前が思い出せない…)、それが後ろ向きになっています!そこからの3Lz、見物です!
ジェフの振付は國分紫苑選手の作品のように、手足の長さを印象的に魅せるムーヴが満載。4Tの反復練習では、なかなか決まらないところ、最後の最後でやっぱり決めて見せてくれました!
(*「ランジ Lunge」)


ハビエル・フェルナンデス選手
曲かけでは、4T、2A、後半の3Lz-3Tのところコンビネーションに出来ませんでしたが、引き続き好調は維持。壮大なイメージのゾロです。

"Ricky"ドーンブッシュ選手
U2のプログラムは、多分 アメリカの兄さんが「やってみたいな」と思うようなナチュラルカッコイイ系。曲かけで4T-3Tに失敗していましたが3Aは安心。

ミーシャ・ジー選手
曲かけのジャンプはスキップ。"フラメンコ"はハヤサが冴え渡るボールルームダンス!もちろんスペクタクル仕様。衣装では、昔姉さん達がこぞって付けていたしっぽ状のフリフリがお目見え。

中村健人選手
昨日から続いて 曲かけではジャンプが…でしたが、「ミステリアス」なグラン・プリエのイーグル?-3A、シュッとした3Lz-3T、exitまで踊っているようなstep-3F、とジャンプの調子自体は戻っています!

ジョニー・ウィアー選手
肩にはフサフサ、スケスケのトップスに大粒のキラキラ。自作の艶かしい踊り。…早く佐野稔先生の解説が聞きたい!「ガガに頂いた」という"Poker Face"は、ブリットポップ時代みたいなクラシックアレンジで始まりハウスリミックスみたいなパートで〆、と曲想も様々です。ジャンプは問題がなさそうなので、耽美な世界にどっぷり浸れることでしょう。


オードリアン・シュルタイス選手
曲かけでは4T-3Tは決まりませんでしたが、練習内で高確率で決まっていました。3Aは振り向きざまのような The effortless ジャンプ!ゴシック&サイケな雰囲気もいっそう盛り上がるってもんです!



+++ 男子SP +++

羽生結弦選手 (2位 75.57 TES37.97 PCS38.60)
4T転倒(回転不足)で始まるが、ドーナツスピンや もはや"へ"の字みたいなイナバウアー(?)*等ひとつひとつのムーヴに拍手が起こる。後半の3A、3Lzには3Tを付けられず。(2T)
演技はTHE ICEの頃より断然シブくなっています。「ジェフの振付通りに」というスピンの細やかな音楽表現でも歓声。
(*「変則のランジ Lunge」とのこと)


ハビエル・フェルナンデス選手 (1st 80.77 TES42.03 PCS38.74)
4T、3Aを決めるがフェルナンデス選手も3Lz-2T(後半)。
ステップの格闘シーンでは動き過ぎなのかフラッと来ますが、ヘの字でグリーンと回り、そこでオーサーコーチがイェイ。"ヘ"のポジションはフィンランドのお客さんにどハマリのもよう。本人もやったった感一杯の大歓声のフィナーレ。

"Ricky"ドーンブッシュ選手 (3位 71.19 TES35.56 PCS35.63)
4Tが3Tになりターンが入る。3A◎ 3Lzのコンボを2T(タノ)に変更する機転。スピンの各ポジションがキレイ。

ミーシャ・ジー選手 (6位 61.32 TES30.15 PCS32.17)
3F-3T、3A転倒、3Lzも足がタッチダウン。でもスベリ知らずの踊りでフラメンコスペクタクルをやり切る。演技後には必ずお客さんのヒーローになるミーシャ・ジー。

ジャン・ブッシュ選手 (5位 69.01 TES38.50 PCS31.51)
4T(4T-3Tの予定)で転倒するが3Lzを3Tのコンボに。静かに盛り上がって行くプログラムで会場も魅了。

中村健人選手 (9位 54.14 TES24.30 PCS30.84)
3Lzで転倒(3Lz-3Tの予定)、3Aはミステリアスに決まるが後半の3Fがシングル。グァーッと来るストレングスもダァッとなる"ま"も出ずじまい。3Aの後のキャメルスピンもサマースケート同様になってしまい、点数に成らず。巨神兵がまだ固まってないかんじ。キスクラでひどく落ち込む。ブライアン・オーサー/ジェスリン・ブライアンドのブライアンズコーチが練習から見られています。


【知らんがな報告】ウィアー選手の右手の平(手袋付きのトップス)に、白地に赤でマーク(ハート?)が施されているのですが、そのウィアー選手の演技後の囲みで、遠慮が出てしまい「それ撮らせてもらえますか」の一言が出ませんでした… 自分をこらしめてやりたいです。
(ロシア杯では、手袋に赤い刺繍で「A ハート」でした。)



ジョニー・ウィアー選手 (4位 69.03 TES31.94 PCS37.09)
「最初の第一歩としては上出来」という復帰緒戦。4Tを入れて来て両足・ダウングレード… だったっけ?という。もはやそんなことは忘れてしまいました。3A、3Lz-2T(3Lz-3Tの予定)、ステップでオヨヨなところがあっても+0.67の加点。GPSでお茶の間の度肝を抜く日をお楽しみに。
((演技後インタビュー 日本語訳))
http://japanskates.com/forum/viewtopic.php?p=580#580

オードリアン・シュルタイス選手 (7位 57.30 TES26.16 PCS31.14)
3Fのコンビネーションに2T(4T-3Tを俄然予定)。アクセルもダブル。3Lz。ワハハというところでシーンとするお客さん。

男子SP 採点表
http://www.figureskatingresults.fi/results/1213/FT2012/FT2012_Men_SP_Scores.pdf


+++ 男子FS練習速報 +++

フェルナンデス
やはり後半に4Tを予定 曲かけで3F-1Lo-3Sが簡単に決まる 4T-3T、4Sを練習内で決める

羽生
冒頭4T、4Sを予定しているが曲かけ・練習内でも決まらず 3A◎だがジャンプの調子はよくない 4Tの反復練習では合間にローテーションで締めずに回り、フォームを確認するようなジャンプ。そんな中 曲かけで4Tも4Sも挑む!(転倒)


ドーンブッシュ
4Tx2回の予定 流しながら振付をチェック

ウィアー
曲かけ4T<<(?)、3A◎ 例の仰け反りが入ったステップをやり切る キラキラスケスケヒラヒラモノトーン


中村
ジャンプもなにもかもどうした

ジー
途中から唄入りになり本番でも1点をショウマンシップのために捧げるのか?

シュルタイス
とりあえず4Tを予定 ゴシックゴシックした振付を確認

男子FS予定ジャンプ構成
8. SCHULTHEISS {4T 3A 3Lz-3T 3Lo // 3A-2T 3F 3S 3Lz-2T-2Lo}
9. GE {3A 3F-3T 3Lz-2T 3Lz 3Lo // 3F 3S-2T-2Lo 2A}
10. 中村健人 NAKAMURA {4T 3A-3T 3F 3Lz // 3A 3S-2T-2T 3Lz-2T 3Lo}
11. DORNBUSH {4T-2T 4T 3A // 3Lz-3T 3A-2T-2Lo 3Lo 3F 3S}
12. FERNANDEZ {4T-3T 4S 3A // 4T 3Lz-2T 3Lo 3F-1Lo-3S 3S}
13. WEIR {4T-2T 3A 3F // 3Lo 3A-3T-2Lo 3Lz-2T 3Lz 3S}
14. BUSH {4T-3T 3A 3F-2T 3Lo // 3F 3S 3Lz-2T-2Lo 3T}
15. 羽生結弦 HANYU {4T 4S 3A // 3A-3T 3Lz-2T 3Lz-2T-2Lo 3Lo 3F}


+++ 男子FS +++

オードリアン・シュルタイス選手 (9位 120.54 TES60.28 PCS60.26 総合 177.84 8位)
冒頭4Tがラクに決まり、後半の3Aもオヨヨながら決まるがコンビネーションに出来ず残念。あとはサルコウが抜けた位で大歓声に終わる。Bristol sound みたいな音楽のゴシックゴシックした踊りを手拍子で楽しむ、スタイリッシュ北欧観客。


ミーシャ・ジー選手 (6位 126.60 TES61.76 PCS65.84 総合 187.92 6位)
上記パンク兄さんに点数が出るのを待っている間に、3Aがひゅるっと決まる。コールされてスタート位置に着く前からすでにチャップリンが舞い降りる。つかみは大成功、冒頭の3Aは両足でダウングレード。そこからは構成要素のジャンプをねじ込み、待ってました!のスペクタクルステップタイム!「唄が入ってるって?そんならルールに一点をくれてやる!」ってかんじのヒップホップで、*四大陸越えの弾けっぷり。(*ジー選手の演技を以前一度拝見したのが、四大陸選手権です。)
狙い通りにお客さんを沸かせ、どやどや!と帰りもチャップン降臨でキスクラへ。ゴリラ的なムーヴと雄叫びで、全身全霊で愛を伝える御婦人。それにゴリラムーヴで応えるミーシャ。ここでGorillazがかかってほしいと願う島津。


中村健人選手 (4位 133.28 TES66.94 PCS68.34 総合 187.42 7位)
スターティングポーズを取るとチャップリンの空気が清冽に落ち着く。冒頭4Tは3Tにして流れるジャンプ。3Aは2回決まるが3S-3Tの3Tで転倒、続く3Lzも転倒。3Loから-ストレングスをやや取り戻したコレオシークエンス-スピンと盛り返して終える。

「諦めない試合が出来た」大惨事からの復活劇、詳細はこちらのインタビューからどうぞ。
http://pigeon-post.net/interviews/JS_Kent_Finlandia2012_interview_jp.html

"Ricky"ドーンブッシュ選手 (2位 168.80 TES92.12 PCS77.68 総合 239.99 2位)
素直なジャズのプログラム。冒頭4T-2Tを決め、もう一丁!の4Tは転倒。+7トリプルで構成の要素をやり切る。後半の3Lz-3Tはタノ-タノ(GOE +1.63)。レベル4を揃えたスピンは各ポジションが目に焼き付くほど。

ハビエル・フェルナンデス選手 (3位 154.43 TES72.95 PCS81.48 総合 235.20 3位)
冒頭4T-3Tはもはや安定。4Sがダブルに。後半の3本目の四回転(4T)も3Tに変更。他のジャンプも抜けがあったが、役者肌を見せつけた演技。

ジョニー・ウィアー選手 (5位 132.39 TES56.65 PCS75.74 総合 201.42 4位)
冒頭4T-2Tのところ、4Tの足がタッチダウン・回転不足。エレメンツでミスはあったものの、「I made it, やりましたね。」という演技。スターのやったったカムバックに大大大歓声の会場。FS"Phoenix"はフィギュアスケートでよく流れる"Requiem for a Dream"が入っていますが、ジョニーの踊りで 音楽のこぶしの利き方が際立って聴こえます。
((演技後インタビュー 日本語訳))
http://japanskates.com/forum/viewtopic.php?p=580#580

羽生結弦選手 (1位 172.56 TES90.70 PCS81.86 総合 248.13 1位)
練習で決まりそうになかった4Tと4Sを降りる!構成通りには行かなかったが、リミッターを外した演技にスタオベを惜しまない会場。燃え尽きてバッタリ倒れるヒーロー。

ヒーローの第一声はこちらのインタビューからどうぞ。
http://www.japanskates.com/interviews/Yuzuru_Finlandia2012_interview_jp.htm



男子FS 採点表
http://www.figureskatingresults.fi/results/1213/FT2012/FT2012_Men_FS_Scores.pdf


フィンランディア杯 結果・採点表
http://www.figureskatingresults.fi/results/1213/FT2012/index.htm


+++ 女子SP 予定ジャンプ構成 +++
3-3 girls:
Jasmin COSTA 3T-3T 3F
Julia LIPNITSKAIA 3Lz-3T 3F
Kiira KORPI 3T-3T 3Lo
Natalia POPOVA 3F 3T-3T
Beata PAPP 3T-3T 3F
Juulia TURKKILA 3T-3T 3F

長洲未来選手は3Lz-2Tと3Loの予定で、本番では3T-3Tに挑戦。(セカンドジャンプでダウングレードの転倒)

+++ 女子FS 予定ジャンプ構成 +++
7. Mirai NAGASU {3Lz-2T, 2A-3T, 3F // 3Lz, 3Lo-2T-2Lo, 2A, 3Lo}
8. Isabelle OLSSON {3Lz, 2A-3T, 3S-3T // 3Lo, 3Lz-2T-2T, 3S, 2A}
9. Juulia TURKKILA {3T-2T, 3S-2T, 3Lo, 3S // 2A-2T-2Lo, 3T, 2A}
10. Kiira KORPI {3T-3T, 3Lz, 3F, 3Lo-2T // 3S-2T-2Lo, 3Lo, 2A}
11. Julia LIPNITSKAIA {3Lz-3T, 2A-3T-2T, 2A, 3Lo // 3Lz-2T, 3F, 3S}
4. Sonia LAFUENTE {3F, 3Lz, 3Lo-2T-2Lo, 3T-2T // 3Lo, 3T-2T, 2A}
1. Beata PAPP {3T-3T, 3Lz, 3S, 3Lo // 2A, 2A-2T-2Lo, 3S}


+++ Ladies photos +++

1st place Julia LIPNITSKAIA


2nd place Kiira KORPI


3rd place Mirai NAGASU



+++ OI/MIZUTANI photos +++







thanks to: N..fj for photos, Paja for illustrations
_________________
Aiko Shimazu
島津愛子


Last edited by shimmerzoo on Sat Sep 14, 2013 4:38 am; edited 6 times in total
Back to top
View user's profile Send private message Send e-mail
shimmerzoo



Joined: 26 Apr 2011
Posts: 194

PostPosted: Sun Nov 11, 2012 12:29 am    Post subject: Johnny's Finlandia Quotes in Japanese Reply with quote

+++ ジョニー・ウィアー選手 フィンランディア杯 SP後インタビュー +++

復帰して 最初の第一歩が決まり、すごくいい気分です。今日は一日中大変でした。緊張で震えてしまって、「いったいどうしたらいいんだ!」って。ただ、これまでやって来たことを思い出して… プログラムで重要なポイントを整理してみて、「こうやって、こうやって、こう。」とか。…それを、氷に上がったら全部忘れてしまって。(一同 笑) でも、ショーで場数も踏んでましたし、最後のほうはアドリブも入れてみたりして。
「素晴らしい」という演技ではありませんでしたが、第一歩としては上出来だったんじゃないかな、と。恥ずかしくない演技だったと思います。
今回、初めて四回転(4T ダウングレード・両足着氷)をショートに入れましたが、これも、さほど悪くなかった、と。(笑)
「よかった」という演技とは言えませんが、この第一歩を決めることが出来て、すごくよかったと思います。スベリもせず!(it wasn't the disaster!)

- 予想よりも緊張されていましたか?
それはもう、すごく。
- でも、集中しているように見えましたよ。
僕はいつでも集中しています。緊張していても、集中しています!(笑) こんな感じに固まって。(彫刻[statue]みたいになって見せるジョニー) (一同 笑) 僕が緊張していたら「なんか怒ってるみたい」と思われるのですが、皆さん、僕が緊張していることをお分かりでないので。(一同 笑)
とにかく、この第一歩はよかったな、と。また競技の世界に戻って来れました。この「競技復帰」というものは、おそらく僕のキャリアで一番大変なことでしたね。復帰を発表した際、皆さんは「えー。」っていうかんじで、「なんで戻って来た」「戻ってどうなる」と思われたでしょう。他のアメリカの選手も復帰するかも、ということもあり。ですから、こうやって道が開けて、友人や周りの方々、ファンの皆様のためにがんばれていて、とても誇りに思っています。今、スケートがんばってます!(笑)

明日のフリーはまた違う展開になると思いますが、この1日目のショートは終わった、「やったぞ!」と。今出来ることはやった、「また氷に戻ってまいりました」というところです。

((音声はこちらからどうぞ。以下の三箇所で御用意しております。))
Dropbox
http://dl.dropbox.com/u/26421987/Johnny_WEIR_Finlandia2012_after_SP.m4a
Google Drive
https://docs.google.com/open?id=0B3mhlZCPLLTmMWNVX2lyRVkwOTg
SugarSync
https://www.sugarsync.com/pf/D7421636_65867151_02552


+++ ジョニー・ウィアー選手 フィンランディア杯 FS後インタビュー +++

(インタビューの前に)
- これからどうしましょう(戻られてから彼とお祝いされますね)?
(笑) 家に戻って、たのしく、また やることをやらないと。(笑)

今日はすごく大変な1日でした。1日中緊張していました。演技をするのが怖くなってしまって。最初から最後まで硬くなってしまい、ずっと呼吸を整えていたような次第で。でも、2年半振りの緒戦としては、すごくよくやったんじゃないかな、と。誇りに思います。こうなるものとは思っていませんでしたが、「競技に復帰した」。それを、皆様にやって見せられた。
緒戦でこのショート・フリーというのは、全然よかったと思います。皆様、今後とも、GPS・全米や、うまく行けばワールドまでお付き合い願います!

今日の演技に関しては、良かった点ももちろんあって、後半の3A(3A-2T)、冒頭の4Tも、ショートよりはクリーンだったと思います。まだ両足ですが、ショートよりはよかったと思います。(ショートではダウングレード、フリーではtouch down位の回転不足) 全体的には、うまく行ったんじゃないんかな、と。

- 昨日よりも緊張されていましたか?
もっと緊張しましたね。というか、いつでも、フリーのほうが緊張します。だって長いでしょう。(一同 笑) 2:50秒では、ミスなくうまく行くものが、4:45秒でジャンプをミスなくやり切る、っていうのは… ありえない。ジャンプ多過ぎ、ってかんじで。でも、今日は、「I made it. やりましたね。」…どうにか。(笑)

- 昨日は新ルールへの対応がうまく行っていないとお話しでしたが、今日はいかがでしたか?
今日は少しよくなったと思います。構成も結構変えられたので… ループをミスッて(ダブル)、またルッツをミスッてから(3Lz-2Tの予定が2Lz)、そこで、「…か・ら・のー!」と思ってラストの2つを決めました。(3Lz<-2T、3S) トランジションを省いて、呼吸を整えて。得点のため、ということもありますが、ロシア杯に向けてもっと自信もつけたい、そのためにジャッジやテクニカルパネルの皆さんに戦えるという姿をお見せしなければ、と思っていました。

(豪勢な薔薇の花束を渡されて) 「テヘヘ」

…記者の皆さんにもお伝えして頂きましたら幸いなのですが、「このフィンランドで皆さんに応援して頂きました。」僕のファンの方が、ロシア、日本(一人しかいない日本人記者にニコッ)、そしてはるばるアメリカからも来て下さいました。もちろん、フィンランドのお客様にも応援して頂いて、他のヨーロッパの地域の方も応援にいらして下さいました。「皆様の応援がなければ、ここまで戦えませんでした。」このフィンランディア杯について言うべきこととしたら、「ファンの皆様、どうもありがとうございました。」皆さんのために、スケートやってます!(笑) 皆さんのおかげで、毎日がんばれていますので。(笑) それと、もうひとつ大事なことなんですけど、「※僕はスケートアメリカ出ません。」(一同 笑)

((是非、御本人の肉声も聞かれてみて下さい。))
Dropbox
http://dl.dropbox.com/u/26421987/Johnny_WEIR_Finlandia2012_after_FS.m4a
Google Drive
https://docs.google.com/open?id=0B3mhlZCPLLTmRVVKcHVNRnA2T1E
SugarSync
https://www.sugarsync.com/pf/D7421636_65867151_02550
_________________
Aiko Shimazu
島津愛子
Back to top
View user's profile Send private message Send e-mail
Display posts from previous:   
Post new topic   This topic is locked: you cannot edit posts or make replies.    www.japanskates.com Forum Index -> Japan Skates Forum All times are GMT - 5 Hours
Page 1 of 1

 
Jump to:  
You cannot post new topics in this forum
You cannot reply to topics in this forum
You cannot edit your posts in this forum
You cannot delete your posts in this forum
You cannot vote in polls in this forum


Design by Ifon © 2007 for Newpbc
Powered by phpBB © 2001, 2005 phpBB Group