Backstage with Japan Skates @ 2012 4CC in Colorado Springs, USA
special thanks to: Robin Ritoss for superb photos
By AIKO SHIMAZU 島津愛子
Feb. 9-12 in Colorado Springs, 2012

+++ Mao ASADA 浅田真央選手 mixed zone interviews +++


((scroll down for Kanako MURAKAMI 村上佳菜子選手, Haruka IMAI 今井遥選手, Daisuke TAKAHASHI 高橋大輔選手, Takahito MURA 無良崇人選手, Tatsuki MACHIDA 町田樹選手, Patrick CHAN & Misha GE. Robin's Photo Slideshows on the bottom! ロビン・リトスさんのフォトギャラリーが最後にございますのでどうぞお楽しみに!))


Mao ASADA 浅田真央  Robin Ritoss
Mao ASADA with Silver medal @ 2012 4CC


((英語の次に日本語が続いています。))

::: Thu. morning press conference 木曜日 日本女子チーム会見 :::

After All-Japan Nationals I have worked on my 3As, hope they will come out here. As well as I have fitted my jumps since I came here. (on her planning 3As:) in both SP/FS I will have a 3A.

- How has the altitude influenced you?
My jumps have gotten rotated so well, so it's no problem with that, but endurance of FS, "could I?" (laughs) wish I could do that after one more practice today.

- On her 3F-3Lo
hope I will have it here, Colorado, too! - my idea. (Mao looked really happy with that.)

全日本が終わってから、3Aを練習しているので、その成果を出したいです。こっちに入ってから、ジャンプの調子も上がっています。(3Aの予定について:) 先生と相談して、練習の調子を見て決めるのですが、今のところ一応、ショートもフリーも3Aを入れる予定です!

- 標高の影響
ジャンプはよく回るので、問題はないのですが、フリーを通してみて、体力的に、「大丈夫かな?」という面はあったのですが(笑)、もう1回練習して、明日に備えられれば、と思います。

- 3F-3Loの挑戦について
この試合でも入れる予定ではいます!(嬉) 一応、そのつもりではいるので⋯(笑)


Mao ASADA 浅田真央  Robin Ritoss
2011-2012SP"Scheherazade"

::: after SP SP演技後 :::

1st 64.25 TES34.11 PCS30.14
{3A<(two-footed) -2.29, 3F-2Lo +1.00, FSSp4 +0.64, 3Lo +0.40, CCoSp4 +1.00, SlSt4 +1.20, LSp4 +0.86}

Regarding that I got all level4 spins and footworks, I think I had a good performance except for 3A(two-footed, under-rotated). I didn't worry about my 3A, as I did make a pretty good 3A in warming-up 6 minutes. I guess I could have made it in SP, too, if I could have had 3As as my jump elements in early competitions. If I make the same 3A as one in 6 minutes, I could be satisfied, so I have tried to do it well tomorrow, considering today's issue.

- On 3A
Since I came here, it has gotten rotated, so I felt "I could have it in programs, eventually". In this morning practice, I couldn't make them, the worst-ever consistency since I came here, then "just forget them," I thought. (smiles) (On good aspect of altitude:) I guess it works for rotating, as my trainings worked a lot since All-Japan.

- Quotes from her coach Nobuo SATO
"Your 3A fits you so well. Enter it smoothly and relaxed, particularly between back-out and fore-out. Other than 3A, be calm to take their level features."

- On altitude
Nothing! influenced me at all, surprisingly! (smiles) Tomorrow I could be well, too.

- On her costume change from pants to dress
I hadn't felt comfortable to jump in pants, so it's a styling for 3A! (laughs)

エレメンツの採点を見ても、すべてレベル4だったので、アクセル(3A 両足着氷で回転不足)以外は今日の出来はよかったと思っています。6分間ですごくいいのが飛べていたので、不安はなかったのですが、もっともっと、シーズンの早い段階で3Aを試合で入れておけば、飛べていたかな、と思うんですけど。6分間練習の3Aが飛べたら、すごく満足すると思うので、今日の経験を明日に活かしたいです。

- 3Aについて
こちらに来てから回るようになっていたので、「ようやく入れられるなぁ」というかんじがしていました。朝の練習では、こちらに来てから一番アクセルが入らなかったので、「このアクセルは忘れよう!」と思っていました。(笑) (標高の効果:) もちろん、アクセル自体の調子も、全日本よりも全然上がっていて、それとこの標高によって、相乗効果で飛べるんじゃないかな、と思います。

- 佐藤信夫コーチからの言葉
アクセルはすごくいいから、バックアウトからフォアアウトの入りをスムースに、あまり力まずに、と言われました。アクセル以外については、落ち着いて、取りこぼしのないように、と。

- 標高の影響
全然大丈夫でした!自分でもびっくりしています。(笑) 明日も大丈夫かな、と思っています。

- スカートに変更した衣装について
パンツだと、ジャンプも飛びにくかったので、3Aバージョンに変えました!(笑)

Mao ASADA 浅田真央  Robin Ritoss
2011-2012SP"Scheherazade"


Mao ASADA 浅田真央  Robin Ritoss
2010-2012FS"Liebestraum"

::: after FS FS演技後 :::

2nd 124.37 TES62.95 PCS61.42 overall 2nd 188.62
{3A< -1.29, 3F-2Lo +0.50, 3Lz (touch down with one hand) -0.70, CCoSp4 +1.00 // 2A-3T +0.70, 3F-2Lo-2Lo +0.50, 2S +0.03 (planned 3S), SSp4 +0.43 (planned FSSp), SlSt3 +1.00, 3Lo +0.40, FCoSp4 +0.71, ChSp1 +1.30}

I worried about utmost 3A, and performing in the altitude, so I got relieved when I finished. I guess some jumping errors caused this score. In SP, I tried my 3A for the first time, then its issue could work today. Under-rotated was disappointing, but "I did try and fly!" - that would really help me from now, to have good image of my 3As. As I did almost kill it in FS, even though it was called "under-rotated" as same as SP's. The best 3A of 4CC, was the one in SP warming-up 6 minutes, that I, myself credit full of points! (after leaving Colorado Springs,) backing to "the ground", I'm not sure whether I could make it again or not. (smiles) But I have trained for a week here, to know "how to rotate", that made me confident to try 3As again.

- On 3Lz (finally) called "correct edge"
For a long time I have tried to do that, thinking, struggling a lot, now I climbed one step up the stairs.

- On 3F-3Lo
This time… I thought it was tough to try it (in FS), chose 3F-2Lo at the landing of 3F. At Worlds, I would like to have it if it fits me.

- On altitude
I guess it was easier to jump, but, sometimes I make jumps under-rotated on "the ground" as well.

- Quotes from her coach Nobuo SATO
"3A doesn't mean everything." as I see "to make only 3A, that doesn't make sense."

- Some journalist asked "How do you feel about that you have the brand-new rival Ashley WAGNER?"
Every season, young girls are rising, as this time they inspired me so much. You need to do hard everyday in order to follow them, in order to get yourself advanced.

- for Worlds
I have planned 3A in both SP/FS, and have tried to make no error on jumps. If you have strong speed and determination, you could make your way, as my coach always reminds me, says "acceleration!"
Lately I don't care about placement so much. Of course I would like to "win," but you can't put yourself all if you "go win". So you need to do what you should do, concentrate on yourself, in order to put yourself all. One month left to Worlds, how I could concentrate, how I could have good preparations, that is the most important aspect. If I could devote myself into every single run-through as much as possible, I would have strong speed and determination.

[Nobuo SATO]

- Japan Skates: I saw Mao did 3F-3Lo entered from SP preparation, in practice, then she was really happy to announce "is going to have 3F-3Lo," so I wrote that she may have it in SP, but… did she mean "have planned it in both SP/FS"?
(smiles) My interpretation: "she will have it if it's available," she needs to train more for that. You could take it off from both SP/FS preparation, but it's difficult to have it in SP, (smiles) - as you have only 3 jump elements in it.

一番心配だったのは、3Aと、この標高での演技だったので、すべて終わった時はほっとしました。ジャンプの取りこぼしが点数に響いてしまったかな、と思います。ショートが、今季初めて3Aが入った構成だったので、その最初の挑戦を今日に活かせたかな、と思っています。回転不足は残念ですけど、「挑戦して飛べた!」っていうのが、自分ではすごくプラスだと思っているので、よいイメージを作っていけたらいいな、と思います。同じ回転不足でも、フリーでは、ほぼ成功したと思っているので。ショートの6分間練習の3Aが一番良かったのですが、それは、自分の気持ちの中では100点満点でした!(コロラドスプリングスの地を離れて)「地上」に戻った時に、飛べるのか、っていうのは不安なんですけど。(笑) でも、一週間練習して、「回った感覚」を掴んだので、すごく自信になりました。

- ルッツがロングエッジの判定ではなかったですね。
ずっと直して来て、いろいろ考えて、我慢しながらやって来たので、またひとつ、一歩階段を上れたかな、と思っています。

- 3F-3Loについて
今回は⋯ 体力的に厳しいかな、と思って、本番でとっさに3-2にしました。世界選手権では、よければ入れたいかな、と。

- 標高の影響
ジャンプはすごく飛びやすかったと思うんですけど、「地上」でも回転不足が時々あるので。

- 佐藤信夫コーチからの言葉
「3Aがすべてじゃない」と。自分もそういうつもりで、「3Aだけではだめだ」と思っています。

- 「ワグナー選手という新しいライバルが出て来ましたが?」という質問に
毎年毎年、若い選手も出て来ますし、今回もたくさんの刺激をもらえました。自分も毎日頑張らなければ、ついていけないと思いますし、自分自身のレベルアップのためにも、毎日頑張らなければ、と思っています。

- ワールドに向けて
ショートとフリーで3Aを飛ぶことと、ジャンプで取りこぼさないように、練習して臨めたらな、と思います。力強いスピードと力強い気持ちがあれば、大丈夫だと思っています。先生も、いつも練習で「スビード!」と言われるので。
最近では、あまり順位のことは気にしていません。もちろん、「勝ちたい」とは思っていますが、「勝ちに行く」と縮こまってしまうので、自分のやるべきことをやって、自分に集中して、自分が出来ることを出し切れればいいな、と思っています。世界選手権までの1ヶ月で、自分がどう集中して、いい練習が出来るか、それが課題になってくると思います。1回1回の曲かけで、力一杯、手を抜かないことで、力強さも出て来ると思います。

【佐藤信夫コーチ】

- Japan Skates: 3F-3Loを、ショートの入りから練習されているのを見て、浅田選手も木曜日の会見で「入れるつもりではいます。」とうれしそうにされていたので、ショートに入れる、とお伝えしたのですが⋯ これは、「両方に入れる」ということなのでしょうか?
(笑) まぁ、練習して行って、「入れられるようになれば」ということで。ショートの入りからでも、フリーの入りからでも、同じことですが、ショートは難しいでしょうね。(にっこりされる先生。)(ジャンプエレメンツが)3つしかない。

Mao ASADA 浅田真央  Robin Ritoss
2010-2012FS"Liebestraum"


Mao ASADA 浅田真央  Robin Ritoss
2011-2012EX"I Vow to Thee My Country"



+++ Kanako MURAKAMI 村上佳菜子選手 mixed zone interviews +++

((英語の次に日本語が続いています。))

::: Thu. morning press conference 木曜日 日本女子チーム会見 :::

I hope I will make perfect both SP/FS, as I couldn't do that so far this season, to make my way for Worlds.

- How has the altitude influenced you?
3-3 fit me so much here, as toe jumps got so easier. Also I'm used to edge jumps for now.

- On her FS changing elements
That I have made more perfect than former one. I must be confident on 3Lo - just one time, and 3T-3T, to hit them.

ショートもフリーも両方うまく行ったことがないので、世界選手権に向けて、両方出来るようにがんばりたいです。

- 標高の影響
3-3がすごくいいのと、トゥジャンプ系がすごく飛びやすいです。エッジ系のジャンプにも大分慣れて来ました。

- FSの構成を変えて
前の構成より、ノーミスの確率が上がっています。自信を持って、3Lo - 一個しか入ってないんですけど、それと3T-3Tを絶対決めたいです。


Kanako MURAKAMI 村上佳菜子  Robin Ritoss
2011-2012SP"Violin Muse"

::: after SP SP演技後 :::

3rd 63.45 TES35.16 PCS28.29
{3T-3T +1.40, 3F +0.40, FSSp4 +0.43, LSp4 +0.50, 2A +0.79, SlSt4 +1.10, CCoSp4 +0.64}

I felt like I was skating at my home rink, hadn't been tensed at all, unlike usual self, I'm always gonna "GEEZ!" in competitions, this time I could perform like training. I worried about 2A, so I was concentrating on it, and gonna give footworks with all my heart. Overall I was calm, and confident, to be relaxed there, unlike "I'm in the competition!".

- about her stomachache
As I felt sick when I moved, so I haven't eaten a lot, since last night… I did eat a lot, too much? (laughs) (for tomorrow:) I must eat enough to do well tomorrow. I always eat like "Not Enough!" (laughs) (at press conference, she noted "Since I came in 4CC, such pressure may cause it.")

- On (very first) Level 4 footworks
I didn't know that at all, found in walking here, I didn't see its level but spins' on the monitor, as it's credited Level 3 or 2 usually.

- On altitude
a little tired, though, I have a lot run-throughs at my home rink… in SP, I felt it hadn't influenced me so much.

- Japan Skates: You kill the same 3T-3T every time. When have you completed your quality 3T-3T?
KM: Since I changed 3F-3T to 3T-3T as the SP combination. I felt 3T-3T was much easier than 3F-3T, so I got timing.
JS: It has both same timing and motion!
KM: Thank You!

- On changing jump elements
I feel easier, to put them out with all my heart. (On availability of 3F-3T at Worlds:) At Worlds, I would not have it, but I would like to have it again, to train harder.

- On her struggling 1st half of the season
That made my jumps and skating skills improved a lot, for now I think it worked for me.

- for FS
At All-Japan, I had good SP and bad FS with falls. (smiles) Now I must change my mindset, to concentrate for tomorrow. "3Lo, 3T-3T are must-have!" as I have trained, so will kill them absolutely!

(sorry for recording from the middle of it)

Quick Quote for ISU (through interpreter):
Although I was worrying about the double Axel at the end of the program, I succeeded and gathered everything together. I'm very satisfied with today's performance. I was trying to express this program's image with sadness and suffering. If the audience could feel those emotions, I would be very happy.

3Fくらいまでは、中京のリンクで滑っているようなかんじで、全然緊張とかもしなくて、いつもだったら、「ワッショイッ!」ってかんじがするんですけど、それもなくて、いつも通りに。アクセルは心配だったので、その時だけ集中して。ステップは思い切りやろう、と思っていました。落ち着いていたのと、自信があったので、あまり、「試合だ!試合だ!」というかんじではなく、リラックスして出来ました。

- 体調不良について
おなかの調子がよくなくて、動くと気持ち悪かったので、昨日の夜から今まで、食事を控えて。⋯食べ過ぎちゃったのかな?(笑) (明日に向けて:) ほどほどに食べます。いつもガツガツだから!(笑) (会見では、「緊張かな?と思っています。」とお答えでした。)

- ステップがレベル4でしたね。
知らなかったです!ここに歩いて来る途中で知りました。いつも3か2なので、見ていなくて。スピン(のレベル)はモニターで見るんですけど。

- 標高の影響
ちょっと疲れるんですけど、でも名古屋で練習している時も、いっぱい曲をかけてやるので⋯ ショートでは、あまり影響は感じなかったです。

- ジャンプ構成を変えて
気持ち的にラクになったので、思い切り出来るようになりました。(3F-3Tを今後構成に入れる可能性:) 世界選手権にはこのままで行くと思いますが、また練習して、挑戦して行けるようにしたいな、と思います。

- シーズン前半の不調について
そのおかげで、ジャンプも滑りも大分よくなって来たので、今はよかったな、と思っています。

- フリーに向けて
全日本はショートがよくてもフリーは転んだりしたので。(笑) 切り替えて、今日は今日、明日は明日で集中してやりたいです。「3Loと、3T-3Tを絶対決めたい」というのを、いつも、練習の時から思っているので、それを絶対飛びます!

Japan Skates: 3T-3Tが、いつ見ても同じなんですけど、いつ頃からこのクオリティーで飛べるようになったのでしょうか?
KM: ショートを3T-3Tに変えた時からです。3F-3Tの時より、すごく簡単に感じちゃって。それから大分、タイミングをつかめるようになりました。
JS: もう、タイミングからモーションから、いつ見ても同じです!
KM: ありがとうございます!

(途中からの録音になってしまい、申し訳ございません。)

Kanako MURAKAMI 村上佳菜子  Robin Ritoss
2011-2012SP"Violin Muse"


Kanako MURAKAMI 村上佳菜子  Robin Ritoss
2011-2012FS"Violin Concerto"

::: after FS FS演技後 :::

5th 105.87 TES51.58 PCS54.29 overall 4th 169.32
{3Lz(e) -0.40, 3Lo +0.70, 3F (stepping out) -1.30, LSp4 +0.71, FSSp4 +0.36, ChSp1 +1.10 // 3T-1T -0.10 (planned 3T-3T), 3F~1A +0.30 (planned 3F~2A), SlSt3 +0.57, 3S-1Lo 0.00 (planned 3S-2Lo-2Lo), CCoSp1 +0.50}

Altitude wasn't affecting my lung, but my foot. Really disappointed with missing all 2nd jumps in combinations.

- On her failing in jumps
(should have been "must-have")3T-3T, the 1st 3T sudden braking, wasn't flowing then I couldn't enter the 2nd 3T, and other mistakes were of problem with my stamina. Usually I'm just okay to perform 2 run-throughs, but I was struggled since the landing of 2nd 3F(3F~1A, should have been 3F~2A).

- Quotes from her coach Machiko YAMADA
On my terrible reacting after FS, she told me off, "Everyone was tough, looked usual to be back to kiss & cry!" "I can't stand." (smiles) There, I got exhausted, to show such tiredness "I can't even breath," that I'm regret now. She said to me "make no mistake in FS in Nice, definitely!"

- for Worlds
From next week in Detroit I'm going to learn at dancing sessions with Marina Zueva, who will re-make my FS, and learn ballet with a ballet teacher as well. Now I have enough stamina to finish run-through in the altitude, so I'm going to have more run-throughs to make no mistake in trainings, hope I will do that easily at Worlds! I would like to make top 6 to have both good SP/FS.
As for SP, I hope it will be more effortless, more impressive.
In practices here, my 3T-3T were sure, but I got nerves, so hope I will try it with all my heart.

- about FS revision
Its transitions could be changed, but its elements would remain. Its spiral hasn't enough speed, smoothness, that I would like to get improved the most. I guess SP fits me, but FS is so difficult for me to tell the story of that, which I can't see very well, such as the first half, I'm not sure which ways I should perform like, "strongly or softly". So Mihoko(HIGUCHI, her coach) wants me to ask Marina about that. In the slow part of FS, I have tried to skate gracefully, like "walking on the cloud", then the last footworks to skate with smile and joy, as the music is so cheerful.

[Machiko YAMADA after SP]

I think she did her best. She got the best TES but, PCS… that's her agenda. Today, she made her program, so she had goo job.
Before she came here, in trainings at our rink in Nagoya, she made her SP/FS perfect everyday, has been in good form, 3T-3T also in good form, with good distance, so far. So Kanako and myself have a bit confidence to compete here, even though competition never knows. I guess she hadn't nerves more than usual, as she has made her way so far.
She had trained, thought a lot, when her boots had concerned her. That fixed her disability. As I taught her "You can't push yourself up on Toe jumps, unless you use your (right)toe in a right way," for instance. You can't make toe jumps easily, your jump withers away, unless your boots fit you. Now I tell her "That worked for you now." I see, she made a grand jete.

- about her condition today
At this moment she's really happy, as she had good SP, but she looked knocked down(Machiko gave its acting) in the morning. She is so easily understood. (smiles)

- for Worlds
As for her elements, still she's going to have 3T-3T in programs securely, but to work for earning more PCS, to re-make her FS with Marina. …Only thing confirmed: "She won't have quad." (laughs)

「ハァー、ハァー、」という疲れじゃなくて、足が疲れました。コンビネーションのセカンドが全部失敗してしまったので、悔しいです。

- ジャンプの失敗について
(「絶対飛ぶ!」と意気込んだ)3T-3Tは、ファーストでまっすぐ降りてしまって、「ガッ」と止まっちゃって、セカンドが飛べなかったんですけど、あとの失敗はスタミナの問題だったと思います。いつもだったら、2回くらい通しても全然大丈夫だったのですが、2回目のフリップ(3F~2Aのところ3F~1A)を降りた後からがキツかったです。

- 山田満知子コーチからの言葉
終わってから「ハァーハァー」しちゃって、それを怒られました。「皆頑張って、キスクラまで普通にして帰って来てるのに!」「むかつく。」と言われました。(笑) その時はほんとにキツかったんでやっちゃったんですけど、自分でも、「だめだったなぁ⋯」と思いました。ニースでは「フリーノーミス、絶対にがんばれ!」と。

- 世界選手権に向けて
火曜日から、デトロイトでマリーナ(ズエワ)先生にプログラムを直してもらって、バレエの先生にも手の動きなど習います。高地で通せるくらいの体力はついて来たので、何回も曲をかけて、練習でノーミス出来るようにして、世界選手権でも、ラクラク、ノーミスが出来るようにして行きたいです!ショートとフリーを揃えて、6位以内に入れたらいいな、と。
ショートは、もっと余裕のある・迫力のある演技が出来たらいいな、と思っています。
練習では3T-3Tが決まっていたのですが、試合になると少し怖がってしまったので、世界選手権では、思いっきり挑戦出来るようにしたいです。

- フリーの手直しについて
つなぎの面では変えるかもしれないんですけど、構成はこのまま行くと思います。スパイラルのところがスピードがなかったり、スムースに行けないので、そこを一番直したいです。ショートは、自分に合っているな、と思っているのですが、フリーは、「ストーリー」というものがあまりないので、自分が作っていかないといけない。そこがすごく難しいです。前半のところが、まだいまいちつかめていなくて、「強いかんじ」がいいのか、「優しいかんじ」でやればいいのか、自分でもよく分からないので、今回それを聞いてこい、と(樋口)美穂子先生に言われています。スローのところは、「雲の上を歩く」ような、やさしいかんじをイメージして滑っていて、最後のステップのところは、かわいいかんじなので、楽しく笑顔で出来るようにしています。

【山田満知子コーチ SP後】

まぁ、精一杯、やったかな、と思います。テクニックは一番良かったけど、5コンポーネンツのほうがね、なかなかね、これからの課題。彼女なりにがんばって演じてたとは思いますので、今日はこれでいいんじゃないんでしょうか。
中京で練習している時から、ショートもフリーも毎日ノーミスして、すごくいい状況で、3T-3Tもすごく良い形、=飛距離があるいいジャンプ、というのがずっと続いてたので、私も佳菜子も、ちょっとは行けるんじゃないかな、という自信もあったんですけど、でも試合になると分からないけどね、気持ち的には、練習でうまく行っていたので、いつもより不安なく臨めたのかな、と思います。
靴が合わなかった時、すごく悩んで練習しましたので、逆に、今まで悪かったところをもう一度見直して。例えばトゥジャンプでも、「キッチリ、トゥをつかないと、高く上がらないぞ」と言ってましたから。靴が合わないとふにゃ〜となっちゃうんです。だから、佳菜子にも、「あれがあってよかったんじゃない」と言っています。ひとつ、飛躍出来たかな、と。

- 今日の体調について
ショートが良かったから、すごいゴキゲンなんですけど、朝はこんなに(がっくり)なってましたから。すごく分かりやすいタイプなので。(笑)

- 世界選手権に向けて
まぁ、テクニックのほうはあまり無理しないで、このまま3T-3Tで行くと思うんですけど、5コンポーネンツのほうで、マリーナ先生にフリーの見直しをしてもらったり、そういう形になると思うんですけどね。⋯まぁでも、「四回転やる」ってことは絶対にないです!(笑)

Kanako MURAKAMI 村上佳菜子  Robin Ritoss
2011-2012FS"Violin Concerto"


Kanako MURAKAMI 村上佳菜子  Robin Ritoss
2011-2012EX"Amartisi"



+++ Haruka IMAI 今井遥選手 mixed zone interviews +++

((英語の次に日本語が続いています。))

::: Thu. morning press conference 木曜日 日本女子チーム会見 :::

I have planned 3T-3T in SP for the first time, will make it and FS, too, by the end and by counting spins as well.

- How has the altitude influenced you?
(answered after Kanako) For me it's easier to make edge jumps. I have problems with toe jumps such as 3T-3T, as it fly too much higher than usual.

- about her right ankle(instep) injury
I felt no good before this 4CC, but it's okay since I came here!

3T-3Tがショートに初めて入っているので、それをしっかりと決めて、フリーは最後まで!スピンも取りこぼしなくやりたいです。

- 標高の影響
(村上選手の答えの後) 私は、エッジ系が飛びやすいんですけど⋯ 3T-3Tなんかは、高く上がりすぎちゃって。

- 右足首(甲)の現在の状態
ここに入る前は、あまり状態は良くなかったのですが、ここに来てからは、大丈夫です!


Haruka IMAI 今井遥  Robin Ritoss
2011-2012SP"Song Without Words"

::: after SP SP演技後 :::

11th 45.19 TES21.18 PCS24.01
{3T(turn)+COMBO -2.10 (planned 3T-3T), 3Lo<< (two-footed) -0.90, FCSp4 +0.57, 2A +0.07, CiSt3 +0.29, LSp4 +0.71, CCoSp4 +0.64}

I wasn't tensed, but not concentrating on it either. 3T-3T, the 1st jump was "too much high" to connect with 2nd 3T as its combination, so I was going to "do 3Lo-3T!", but "I haven't done it for a long time, it might not work… well, I should have 3Lo-2T?" then I missed the 3Lo(down-graded). (Haruka smiled positively.) Before 2A, my feet got shaky to take it off, but I made it barely. I wanted to earn my points back with spins. (Why didn't you concentrate enough?:) I skated the last in our group, so I thought "I have some time." I hadn't skated the last so far in SP, but in FS, so I had prepared like before FS, hadn't enough warming-up, hadn't warmed myself enough to get the rink. Therefore, I was cold, and my body couldn't move well.

- On her injury
Still I have some pain, but today I hadn't Toe jumps(Lz/F which cause her lots pain), so it wasn't terrible. In the summertime, I took break for one month or so, but it couldn't heal, yet I was going to force myself to train really hard, utmost before All-Japan, then the pain came again… I should have taken break more at that time. Although I got worried, I did make jumps in practices, so there is never excuse "due to injury". (Japan Skates: any taping on your foot at this moment?:) Yes, I have…

- Quotes from her coaches
after performing: "Jumps were not good, but other elements and performance itself were good."

- for FS
Usually, I may be depressed, yet, now I get re-motivated to "do my best tomorrow!" You know, I can't mistake more than today! (laughs) "Move on, be confident."

緊張していた、というのではないんですけど、うまく集中し切れていなくて、最初のトゥループは、「高く上がり過ぎてしまって」、次につながらず⋯ 最初にコンビネーションがつかなかったから、一瞬、「次のジャンプで3Lo-3Tをやろう!」と思ったんですけど、ずっとやってなかったですし、「イキナリはまずいかな⋯やっぱりダブルにしようかな。」と思っていたら、最初のループで失敗(3Lo ダウングレード)してしまって!(苦笑) アクセルの前も、二つ失敗したから、足が震えちゃったんですけど、なんとか飛べたので。ジャンプで失敗した分、スピンで取り返そう、と思っていました。(集中し切れなかった要因:) グループの最後だったので、「ちょっと時間があるな」と思って。フリーならよくあるのですが、ショートで遅い滑走順、というのは、最近では経験していなくて、6分間練習を終えてフリーの感覚で時間を過ごしてしまって、アップする時間が少なくなってしまって、体があったまらないままリンクに行ってしまって、それで、寒くて体が動かなかったと思います。

- 怪我の状態について
まだ痛みはあるんですけど、今日は(痛みを感じる)トゥジャンプが入っていないので、そこまではひどい痛みではなかったです。夏に一ヶ月ちょっと休んだんですけど、治り切っていなくて、もうちょっと休まなくてはいけなかったところ、無理に練習していて、また全日本の前にもたくさん練習して、全日本後に痛みがぶり返して来て⋯ 不安はありましたが、練習では飛べていたので、「怪我で出来なかった」とか、そういうわけではないです!(Japan Skates: 今ずっとテーピングですか?:) ハイ⋯

- コーチからの言葉
演技後、「ジャンプはよくなかったけど、他のエレメンツ、演技全体はよかった」と言ってもらえました。

- フリーに向けて
いつもだったら、すごく落ち込んでると思うんですけど、今回は、逆に開き直っている、というか、「明日がんばる!」と思っています。もう、これ以上失敗することはないと思うので!(笑) あとは思い切り、自信持ってがんばりたいです。

Haruka IMAI 今井遥  Robin Ritoss
2011-2012SP"Song Without Words"


Haruka IMAI 今井遥  Robin Ritoss
2011-2012FS"My Fair Lady"

::: after FS FS演技後 :::

9th 89.30 TES49.05 PCS42.25 overall 9th 134.49
{3T-3T -0.70, 3Lz(e) -2.10, 3F -1.90, 3Lo-2T 0.00 (planned 3Lo), CCoSp4 +0.21 // 3S-2T-2Lo +0.10, ChSp1 +0.30, 3S< -2.10 (planned 3S-2T), 2A -0.43, SlSt2 +0.03, LSp4 +0.86, FCSp3 +0.43}

That performance wasn't supposed, really disappointing. I would like to have lots trainings one week ago, but I couldn't do that as my pain got so hard, then I was concerned that I hadn't trained enough, to compete here without satisfaction about my trainings. That came out in performance.

- Japan Skates: You rotated and landed your 3T-3T, with which you have been struggling in these practices, that's good for you, but you got pain again on 3F, 3Lz?
Yes, they caused as my foot gets stressed on them, the most. But this 4CC every single element concerned me, really disappointed. Mentally, I had been defeated already, before competitions.

- JS: but you were so determined on your edge jumps.
I could have made them better, as I did miss my own "edge" jump, to miss its timing… anyway, I never say "I couldn't do that due to pain," but due to mental issue.

- On altitude
Was tired, but you can finish 4 minutes later, then you can fall down, can take oxygen, "So you must skate with all your heart for 4 minutes," my coach's quote motivated me.

- Quotes from her coach Yuka SATO
"Your jumps were not terrible overall, as you rotated them." (Her advice on skating skill:) "You can skate naturally if you have tried to bend not your edges, but your ankles."

- On this season
Good competition, bad competition, good SP and bad FS, such an ups-and-down season I had. Also I tried different planned jump elements, every competition. I had experienced a lot.

- for next season
I must recover from my injury, to take break enough, that we had discussed before 4CC. Next season, will mean a lot to me, so I would like to get my jumps and spins and steps advanced, also I want to have 3Lz/3F-3T in programs, and correct 3Lz(called "wrong edge"), with healthy body. (On her enrollment and trainings:) will enroll "Daito-Bunka" University and continue to train in the States.

自分が思っていたような演技が出来なくて、すごく悔しかったです。一番練習がしたかった1週間前に怪我がひどくなって、練習が出来ないという不安もたくさんあって、自分が納得出来る状態で試合に臨めなかったので、それが演技にも出てしまったな、と思います。

- Japan Skates: 練習で苦労されていた3T-3Tが回って降りて、やった!と思ったのですが、3F、3Lzで痛みが出た、というかんじでしょうか?
そうですね、3F/3Lzが一番負担がかかるので。でも、今回は、全ての要素が不安だらけで、自分の思うような演技が、まったく出来なかったです。気持ちの面でも、試合する前からだめだったな、と思います。

- JS: でも、エッジジャンプでは踏ん張っていましたね。
エッジジャンプも、もっといつもは踏み切れるんですけど、踏み切れないで"(タイミングを)ためて"しまったり、得意なジャンプで失敗してしまったりとか、とにかく⋯ 「痛かったから飛べなかった」というのではなく、『気持ちの面』がだめだったな、と思います。

- 標高の影響
疲れたんですけど、4分で終わりだし、4分が終わったら、倒れて酸素を吸入しても、なんでもいいから、「とにかく4分、全力で滑りなさい」と先生に言われていたので、その言葉を思い出して全力で滑りました。

- 佐藤有香コーチからの言葉
ジャンプも、パンクではなくて、ちゃんと上がってたから、「ジャンプ全体がすごく悪かったというわけではない」と言われました。(スケーティングのアドバイス:) 「エッジを倒すというよりも、足首を曲げると自然に滑れるから」と言われています。

- 今季を振り返って
いい試合もあったり、よくなかったり。ショートが良くてフリーが悪い、とか、いろいろなことがあった1年で、ジャンプの構成も毎回、と言っていいほどいろんな構成を試して、いろいろ経験した1年でした。

- 今後の予定
四大陸の前から先生とも話し合っていたんですけど、しばらく休んで怪我を直さないといけない、と。来季は、自分の中でも大きな1年になると思うので、怪我を直してから、ジャンプスピンステップも、スケーティングも、もっともっとレベルアップして、3Lz/3Fからの3-3も試合で飛んでいきたいですし、ルッツ(ロングエッジの判定)も、アウトエッジに修正しているので。(進路について:) 大東文化大学の国際科に進学して、アメリカを拠点に練習を続けます。

Haruka IMAI 今井遥  Robin Ritoss
2011-2012FS"My Fair Lady"



+++ Daisuke TAKAHASHI 高橋大輔選手 mixed zone interviews +++


Daisuke TAKAHASHI 高橋大輔  Robin Ritoss
Daisuke TAKAHASHI with Silver medal @ 2012 4CC


Daisuke TAKAHASHI 高橋大輔  Robin Ritoss
2011-2012SP"In the Garden of Souls"

((英語の次に日本語が続いています。))

::: after SP SP演技後 :::

3rd 82.59 TES41.64 PCS41.95
{4T< (fall) -3.00, 3A +1.86, FSSp4 +0.57, 3Lz-3T +0.60, CCp2 +0.64, SlSt4 +1.40, CCoSp4 +1.07}

A little tensed there, to miss a quad(4T< fall should have been 4T-3T), that was really disappointing. But I calmed myself to secure my 1st unstable spin - 2nd spin got Level2, though, to secure 3Lz with 3T to make it combination, as well. However… mistaking 4T meant a lot to me.

- On his 4T(fall)
I guess, my motion couldn't meet its timing, due to nerves. I think it's not a bad jump, thought I could land it, that seemed to be failed. (smiles) I was tenacious to land it by the fall. My 4Ts went weird when I got tensed before, that has disappeared. This time I failed, but I could next time. (When did you decide to have 4T-3T?:) My quads has been not bad since I came here, it has fitted me so far, in morning practice too, then "go take off!", as I had trained 4Ts to have it in programs.

- Some journalist asked about "5 points" to beat Patrick CHAN
I didn't watch anybody performing, didn't know the result, …such points behind, either. I guess I had disadvantages: didn't show skating skills as 100%, didn't flow on 3Lz-3T, made some little mistakes on my elements.

- On altitude
It isn't the reason why I missed my 4T. You get mostly used to it if you have trained for 3 days. (How do you feel about it after SP?:) "I did it," such encounter of the altitude. I got relieved, but apparently tired! as I can't breath normally here(about 5 minutes after SP). (laughs) In performing I hadn't felt tiredness more than usual, but I feel a bit influence now! (laughs)

- for FS
hope I will make no mistake in the second half, after I get tired, as my FS didn't go well so far, …seemingly. (smiles) I want to make 4T in FS, which hasn't been succeeded this season, as it goes fly high in this altitude. And make the rest of the things I had trained.

::: SP Top3 press conference :::

(in English) I missed the quad, but I’m still here so I'm happy. The first time (for me) to try altitude, but after the short program, I still feel OK. (laughs) (Some journalist asked "Did you decide to have 4T-3T after you saw CHAN missing 4T?":) I wasn’t watching Patrick missing, that I didn't know at all. I have planned to have it since I came here, as it has fitted me so well. Like a "practice", you may train it and try it here. That didn't depend on his failure.

若干の緊張感があって、四回転のミスがすごく悔やまれるな、と。一本目のスピンなんか、結構危なかったところ冷静に出来ましたし、2個目のスピンはレベル2になっちゃったんですけど、3Lzに3Tを付けてコンビネーションにしたり、落ち着いて出来たかな、と思います。ただ⋯ 4Tの失敗が大きかったです。

- 4Tの転倒について
緊張感で、体のほう(モーション)とタイミングが合わず、というところかな、と。自分の中では悪い失敗ではないと思うので。降りられるかな、と思ったんですけど、だめだったみたいです。(笑) 結構、最後まで踏ん張ったんですけどね。今までだったら、ど緊張したら変なジャンプになることが多かったので、それが減って来ているかな、と。今回は失敗してしまったんですけど、先が見えているのかな、と思います。(4T選択のタイミング:) こっちに入って来てから、調子も悪くなかったですし、朝の練習でも悪くなかったですし、こっちに入る前から、飛ぶつもりで練習はして来たので。こちらに入ってから感じもよかったので、「これはやろう!」と決めました。

- パトリック・チャン選手と5点差ですが?と聞かれて
全然知らなかったです。誰の演技も見ていないので。結構離されてしまいましたね。⋯滑りの部分でも、まだまだ、100%の滑り、っていうのは出来てなかったと思うので。コンビネーションが流れなかったり、細かいミスも重なったのかな、と思います。

- 標高の影響
それが影響して(4Tを)失敗した訳ではありません。もう3日目になるので、大分感覚はつかめています。(演技への影響:) とりあえず、ショート終わった、っていう。どれだけ疲れるのかな、ということも分からなかったので。一安心、という感じで。⋯ここ(演技後5分程度)で呼吸が乱れている、っていうことは、多分疲れてるんだと思いますけど!(笑) 滑っている時は、いつも通り、というか、特に疲れてはいなかったんですけれど。今、若干、標高が高いのかな、と分かりました!(笑)

- フリーに向けて
後半、疲れてきてミスが出ないように、と。特にフリーは、得意でないほうなので。(笑) フリーで四回転を一度も決めていないので、決めたいな、と思います。こちらは標高も高くてすごく浮くので。それ以外は、練習して来たことを、出していきたいな、と。

::: SP トップ3 会見 :::

(英語で) I missed the quad, but I’m still here so I’m happy. The first time (for me) to try altitude(標高), but after the short program, I still feel OK. (laughs)

- 4Tは、パトリック・チャン選手が4Tで失敗したのを見た後に入れようと思われたのでしょうか?と聞かれて
パトリックが四回転を失敗したのはまったく見ていなくて、知らなかったので。今回、こっちの会場に入って来て、すごく四回転の調子も良かったので、最初から決めていました。「練習」ではないんですけど、ここで「調整」して、『挑戦』出来るな、と思ったので。彼が失敗したから、どう、ということではありません。

Daisuke TAKAHASHI 高橋大輔  Robin Ritoss
2011-2012SP"In the Garden of Souls"


Daisuke TAKAHASHI 高橋大輔  Robin Ritoss
2011-2012FS"Blues for Klook"

::: after FS FS演技後 :::

2nd 161.74 TES76.88 PCS84.86 overall 2nd 244.33
{4T (two-footed) -2.00, 1A +0.06 (planned 3A), 3S +1.00, CCSp3 +0.57, CiSt4 +1.70, FCCoSp4 +0.79 // 3A<-3T -0.86 (planned 3A-2T), 3F-2T +0.70 (planned 3F-3T), 3Lo +0.60, 3Lz-2T-2Lo -0.40, 3F +1.00, ChSt1 +1.60, CCoSp4 +1.00}

(Sorry for that I missed his Mixed Zone interview, here is the summary by ISU.)
(On his performance:) I missed two jumps and my performance was not so good but I am still happy. Overall my performance (for the competition) was not bad, but I have many points to improve. (On going into Worlds:) I just need to continue to practice and work hard. (On the altitude:) It was hard but I thought it was going to be worse. After my performance, I was still okay, my energy was still okay.

::: Men Medalist press conference :::

(in English) My performance was not good, I missed two jumps. But the audience helped me and I enjoyed tonight a lot.

- On fewer crowds
Particularly in Japan, Figure Skating is so popular and the successful event, which is mostly packed, so I'm surprised at this arena a little bit. But, when I started to perform, I felt fewer crowds - American and fans from Japan, started to enjoy more, they gave me more power to skate. I think every skater felt that.

- good aspects for Worlds
I guess it was a good preparation for me to compete between All-Japan and Worlds, in such a long term. And also I was much inspired by him(Patrick CHAN), his huge margin from my score motivates me; in practice, around him and other skaters, I found that I need to make my 4T stable, to have more consistency until Worlds; in this altitude, I hadn't got tired more than usual, as I had trained more than usual against this altitude, so the more I will train, the better I could perform at Worlds. I'm so satisfied overall this competition.

- On the altitude
Around the beginning of the 2nd half, it hit my foot, but I made pace to perform, so I didn't get tired more than I expected. I missed 1st and 2nd jump element, so "never miss again!," to have tension rather than tiredness. I might look tired, but I was "looking ahead," to use "breathing" and lots tactics. Then I found myself "got tired," after that. (smiles)

(フリー演技後の音声を取れず、申し訳ございません。)

::: 男子メダリスト会見 :::

(英語で) My performance was not good, I missed two jumps. But the audience helped me and I enjoyed tonight a lot.

- 会場の客入りについて
日本は特に、フィギュアスケートがすごく人気で、ほぼ毎回満員で、今回ちょっとびっくりしたところもあるんですけど、演技が始まってしまえば、少ない中でも、アメリカの方、日本からお越しの皆さんが、すごく盛り上がって下さって、少なさを感じなかった、というか、それ以上にパワーを頂きました。選手皆そう思っていると思います!

- 世界選手権に向けての収穫
全日本から世界選手権まで、この試合がなければ試合の間隔が空いてしまうので、この試合に出られたことが、いい経験になったな、と思います。
・試合を終えて、「彼(パトリック・チャン選手)」と点数がすごく離れていたんですけど、そのことですごく刺激をもらえましたし、
・彼だけじゃなく他の選手とも一緒に練習をすることで、「四回転をコンスタントに、世界選手権までに確率を上げていかなくてはならない」というのが課題になりましたし、
・コロラドで滑るにあたって、標高が高いということで練習量もいつも以上に増やして来て、疲れはしましたが、いつも以上の疲れは感じなかったので、こうやって練習をやって行けば、クオリティーの高いパフォーマンスが出来る、と思います。
いろんな課題が見つかって、すごくよかったな、と思っています。

- 標高についてメダリスト3人に質問
自分も後半あたりから、足に来たな、というのがありましたが、今回はペースメイクで滑ったので、自分の思った以上には疲れませんでした。前半2本のジャンプを失敗して「もうミスが出来ない!」という気持ちで、疲れというより、焦りがあったので。見た目からすると疲れてたのかな、と思いますが、自分では、「失敗を引きずらない」ということを考えて、「呼吸」を意識したり、頭をすごく使いました。体は、試合を終えた後、「疲れたな。」と。(笑)

Daisuke TAKAHASHI 高橋大輔  Robin Ritoss
2011-2012FS"Blues for Klook"


Daisuke TAKAHASHI 高橋大輔  Robin Ritoss
2011-2012EX"The Crisis"



+++ Takahito MURA 無良崇人選手 mixed zone interviews +++


Takahito MURA 無良崇人  Robin Ritoss
2011-2012SP"Red Violin"

((英語の次に日本語が続いています。))

::: after SP SP演技後 :::

2nd 83.44 TES47.22 PCS36.22
{4T-3T +1.57, 3A +1.57, FSSp4 +0.71, 3Lz +1.00, CCSp3 +0.57, CiSt2 +0.36, CCoSp4 +0.64}

This season I hadn't completed my SP including 4T-3T, so far, that I was tensed, but I had clear "discipline" to make jumps, to perform throughout the program… really pleased with that. Mostly I fell on my first 4T this season, so I'm happy that I made 4T-3T, landed 3A, step-3Lz as well.

- How did you make your 4T-3T?
I had considered whether "I can push myself" to move on for the first 4T. When I failed, I could not do push me out, couldn't accelerate to go to the 4T, as I was defeated by nerves. When you can't challenge it, you would fail in it. I had such "discipline" to try my 4Ts in National Winter Sports Championships(2 weeks ago in Nagoya). I had challenged to push me out in between crossing and taking-off jumps. I feel I can make 4T if I accelerate my speed, but have too much speed or not enough in competitions. Then I had spot-on speed to make it today.
At All-Japan and NWSC I found what's wrong after SP, then had tried 4T in FS. In the other hand, this time I knew what's wrong before SP, that discipline made it succeeded.

- for FS
"Could I make two 4Ts?" that is the question. And also I would like to make no mistake after I get tired in the 2nd half, to complete my Free Skate. If you succeed in the jump elements in the 1st half, but fail in the 2nd half, you don't earn enough points.

::: SP Top3 press conference :::

First, I'm shocked to be here, "Why am I placed in 2nd, ahead of Daisuke TAKAHASHI?" (laughs) Second, I made the best SP this season, tomorrow I hope I will be well in FS, too.

- Takahito, we're sorry that we're not familiar with you so much, so let me know about your placement of All-Japan; how to train to compete here; how do you feel about missing Worlds.
First, I was placed in 5th there, and I guess what I had trained after All-Japan was paid here. "To make a Worlds team or not" depends on your results of GPS and All-Japan, so you have nothing to say, but I would like to say I hope I will move on next season, or challenge here at 4CC, as I didn't give what I can perform at All-Japan, to miss Worlds this season.

(He noted "glad that I'd gotten the first small medal since Jr. Worlds".)

今シーズン、4T-3Tを入れて、完全に決めるということがなかったので。緊張しましたし、最後まで「意識」を持ってジャンプして、プログラムに臨めた、というのがすごく⋯ 本当にうれしかったです。今シーズンは、最初の四回転で転んでしまう、ということが多かったので、そこできちんと成功させた後に3A,3Lzを失敗しないでやり切れた、というのがうれしいです。

- 4T-3Tの成功について
最初の四回転に行く前の動きの中で、気持ちで『押せているだろうか』ということを考えました。失敗する時は気持ちで引いてしまって「押せてなかった」ですし、しかも、「スピードに乗っていない」状態で四回転に入っていた、と思うので。攻められずに、ジャンプを失敗してしまうことが多かったと思います。そこを意識して、国体(2週間前)でもやっていました。「クロスしてジャンプを飛ぶまでの間」を「押して行く!」ということにチャレンジして。『スピードを出せば飛べる』という自分の感覚もあるのですが、それが試合になると空回りしてしまったり、逆に力を抜き過ぎてしまったり。それが今回、キレイにはまったと思います。
ショートに失敗して、「ここがいけなかった」と反省してフリーの四回転に臨む、というパターンが、全日本・国体と続いていたので、ショートの前に、その意識を持って入れたのがよかったと思います。

- フリーに向けて
「四回転が2回入るか」というのは自分の中でも気になっているところですし、後半になってしんどくなったところで、失敗をしないようにしたいな、と思っています。前半よかったとしても後半にジャンプを失敗して、となると点数も出なくなってしまうので、最後までしっかり滑り切りたいな、と思っています。

::: SP後会見 :::

まず、一番驚いているのは、「なんで僕が高橋選手より上にいるのかな?」ということがすごく、(笑) 僕の中でびっくりして。内容的には、今シーズンやって来た中で一番良かったと思うので、これが明日につなげられればいいな、と思います。

- Takahito、僕らはあまりあなたのことに詳しくないので、お教え下さい。まず、全日本では何位だったのでしょう?全日本からの調整についてもお話下さい。それから、世界選手権の選考を外れたことに関してもお願いします。
まず、全日本の順位は5番だったのと、全日本の後に練習して来たことがここで結果として出た、と思います。「世界選手権に行ける・行けない」というのは、全日本選手権やGPSの結果で決まりますので、僕がなんとも言えることではありませんが、全日本でちゃんと自分の演技が出来ず、世界選手権に行けなかった、という悔しさを来季に、また、この四大陸でもぶつけようと思っています。

(一夜明けて、「世界ジュニア以来、ショートのスモールメダルを授与されてうれしかった」とお話しでした。)

Takahito MURA 無良崇人  Robin Ritoss
2011-2012SP"Red Violin"


Takahito MURA 無良崇人  Robin Ritoss
2011-2012FS"Four Seasons Tango"

::: after FS FS演技後 :::

6th 133.72 TES62.16 PCS71.56 overall 5th 217.16
{2T +0.06 (planned 4T-3T), 3Lz-3T +0.50 (planned 4T), 3A -1.71, CCSp2 +0.57, 3Lz +0.90 (planned 3Lz-2T), 3A-2T +1.14 (planned 3A-2T-2T) // 2S 0.00 (planned 3S), 3Lo +0.80, CCoSp3, 2F(e) -0.30 (planned 3F), ChSt1 +0.80, FSSp4 +0.64}

I was tensed too much, concerned as I hadn't both good SP/FS so far this season, so scared "How's it going on in FS, as I placed myself in 2nd." I guess I'm not experienced. Usually in warming-up 6 minutes I find how to fix my 4T, but I couldn't do that at all today, that concerned me.
Technically I got improved, but Mentally I haven't, my mental aspect is weaker than physical, as I hadn't both good SP/FS, again. (performing as 2nd place after SP) I must be mentally strong, that is what I need for next season.

- On Patrick CHAN
He is my teammate here in Colorado, when I train here, he has trained with sincerity, I see what made him into a champion at Worlds, when I watch his trainings. I think I must be such a skater like him, as he shows my goal.

- on programs of next season
Schedules hasn't been arranged yet, I plan to ask Tom(DICKSON) to choreograph my programs, in order to get myself advanced. (On their collaboration:) I find that the more I have learned from him, the better the programs are going.

- for next season
I haven't the strong, respected PCS, so I must have more TES, must have three 4Ts(SP1/FS2), in order to defeat top skaters. I hope my 4Ts will make progress, with more consistency. (on availability of other quads:) Off-season, I have trained Salchow and Lutz, but Salchow hasn't fit me for a long time - seems to have a few availability, so I feel I could fit Lutz, rather than Sal, if I get more knacks for it.

(The day after FS, Tom and his teammates celebrated his 21th birthday: Feb. 11th)

なにより、すごい緊張しましたね。今シーズン、ショートとフリーと、という両方共いい演技が出来てなかったので、変な不安がありました。「ショートがこの順位(2位)で、フリーどうなるか分からない」という怖い気持ちで。やはり経験不足かな、と思いました。いつもなら、6分間で「四回転の修正の仕方」が出るのですが、まったく浮かんで来なくて、やばいかな、と。
技術的には上達しているけど、「両方揃えられない」というのは、体よりも心のほうが弱い、と思います。(ショート2位で折り返した)こういう場面で、いかに自分が強くいられるか、それを来季に向けてやって行かなければ、と。

- パトリック・チャン選手について
彼とは、コロラドで練習する時に一緒になるのですが、練習も真面目ですし、「ここまでやるからこそ、世界選手権で優勝出来るのか」ということが見えるので、一緒に練習する仲間なのですが、「目標」というか、「こういう風な選手にならなければいけないんだな」と感じます。

- 来季の予定
日程的には決まっていませんが、来季のプログラムも、トム(ディクソン)先生に頼んで、もっと上位に行けるものを作っていこうと思います。(ディクソン先生との練習について:) 教われば教わる分だけ、プログラムも良くなっているな、ということが自分でも分かります。

- 来季の抱負
演技構成点の方で圧倒的に負けていることが多いので、技術的な面でがんばっていかないと、まだ評価して頂けない段階だと思っています。今の(PCSの)段階で、上の選手に勝とうと思うと、どうしても四回転を三回(SP1/FS2)入れるということが必要になって来ると思うので、四回転を、さらに確率の高いものにして行きたいです。(他の種類の四回転の可能性:) オフにサルコウとルッツを練習していましたが、サルコウは昔から得意ではない、という部分もあって、難しいかな、と。どちらかと言うとルッツのほうが、もう少しコツを掴むと、感覚的にはサルコウよりいいんじゃないかな、と思います。

(トム先生とコロラドの練習仲間が21歳のお誕生日パーティーをしてくれたそうです!)

Takahito MURA 無良崇人  Robin Ritoss
2011-2012FS"Four Seasons Tango"


Takahito MURA 無良崇人  Robin Ritoss
2011-2012EX"Neutron Star Collision"


read more Takahito's 4CC on ☞ MURA & MACHIDA show Japan's "Core" strength
こちらもどうぞ。☞ 四大陸選手権での無良選手×町田選手 Japan Skates インタビュー



+++ Tatsuki MACHIDA 町田樹選手 mixed zone interviews +++


Tatsuki MACHIDA 町田樹  Robin Ritoss
2011-2012SP"Dark Eyes"

((英語の次に日本語が続いています。))

::: after SP SP演技後 :::

4th 82.37 TES43.88 PCS38.49
{3A +2.00, 3F-3T +1.30, CCSp3 +0.50, CCoSp4 +0.57, 3Lz +1.30, FSSp4 +0.71, CiSt3 +1.00}

Before and since I came here, I had good practices so far, so "just do it," I thought. This 4CC could be the last competition for me, so I made it unlike "safe"… I hadn't been concerned, seemed to "make my day," unusually! (smiles) Crowds were really enjoying my performance, that helped me a lot.

(sorry for recording from the middle of it)

来る前も来てからも、すごくいいかんじで練習が出来ていたので、もうあとはやるしかないな、と。今シーズン、この試合が最後になるかもしれないし、「守ろう」というのではなく⋯ 「腹をくくった」というのではないですけれど、緊張もせず⋯ 「いつもと違う自分でした!」(笑) お客さんの盛り上がりもよかったし、すごく、応援が力になりました。

(途中からの録音になってしまい、申し訳ございません。)

Tatsuki MACHIDA 町田樹  Robin Ritoss
2011-2012SP"Dark Eyes"


Tatsuki MACHIDA 町田樹  Robin Ritoss
2011-2012FS"Don Quixote"

::: after FS FS演技後 :::

10th 125.67 TES56.91 PCS69.76 overall 7th 208.04
{4T< (fall) -3.00, 1A-2T 0.00 (planned 3A-3T), 3Lo 0.00, SlSt3 +0.57, FSSp4 +0.71 // 3A +1.43, 3Lz-2T-2Lo +0.90, 2F(e) -0.30 (planned 3F), ChSt1 +0.70, FCCoSp3 +0.29, 1Lz -0.04 (planned 3Lz), 3S-1T -0.70 (planned 3S-2T), CCoSp3 +0.29}

(sorry for missing FS Quotes)

::: the day after FS :::

My SP was the best "Dark Eyes" so far, I was glad to see its amazing score, though I should not have made lots mistakes in FS. I guess FS is my disadvantage. In SP I earned such a score without quad, that made me confident, but I must correct me, to have stability to complete SP/FS throughout the competition.
Always I turn down even in practice when I'm tensed, but this 4CC I hadn't been looking around so much, I had concentrated on what I should do in practice. Mentally I'm going to make progress, physically I got problems with FS, so I would like to get my jumping skills improved, in order to make every single jump more effortlessly.

(フリー演技後の音声を取れず、申し訳ございません。)

::: 一夜明けて :::

ショートは、「黒い瞳」の中でベストで、点数もびっくりする位の点が出てうれしかったんですけど、フリーであれだけミスしてはいけないな、と。フリーは課題かな、と思います。ショートで四回転なしであの点数が出せる、というのはすごく自信につながりましたが、ショート・フリーと、試合を通してまとめられる力をつけなければ、と反省しています。
いつも、緊張してしまうと公式練習から調子を崩してしまうのですが、今回はあまり周りを見ずに、自分のやるべきことに集中しよう、と練習していました。そういった精神面では成長はしていると思いますが、体力面で、今回問題が出てしまったので、ひとつひとつのジャンプをもっとラクに飛べるように、スキルアップして行きたいな、と思っています。

Tatsuki MACHIDA 町田樹  Robin Ritoss
2011-2012FS"Don Quixote"


read more Tatsuki's 4CC on ☞ MACHIDA & MURA show Japan's "Core" strength
こちらもどうぞ。☞ 四大陸選手権での町田選手×無良選手 Japan Skates インタビュー



+++ Patrick CHAN mixed zone interviews +++


Daisuke TAKAHASHI 高橋大輔 Patrick CHAN Ross MINOR  Robin Ritoss
Patrick CHAN won a Gold medal @ 2012 4CC


Patrick CHAN パトリック・チャン  Robin Ritoss
2010-2012SP"Take 5"

((英語の次に日本語が続いています。))

::: after SP SP演技後 :::

1st 87.95 TES45.73 PCS42.22
{4T(touch down with two hands) -3.00 (planned 4T-3T), 3A +1.43, CCoSp3 +0.93, 3Lz-3T +1.10 (planned 3Lz), FSSp4 +0.86, CCSp4 +0.71, SlSt4 +1.70}

It was a little shaky, it wasn’t perfect. On the warm-up I felt a little off balance. My blades weren’t really grounded to the ice. So I was happy with the program and how it turned out. I was able to regain my focus after the quad, a rough landing. (on his goals for the competition:) My goal is just to get to the long program. With the altitude here, even though I train here, it’s still tough for me. My goal is to make sure I focus on the elements of the jumps, landing well. What’s key is to stay breathing and relax in the moment.

::: SP Top3 press conference :::

The 6-minute warm-up was kind of shaky. I actually feel more foreign here than I thought I would. I couldn’t find my feet. The ice conditions were a little different than usual. I was a bit more nervous than usual. I was very happy how I was able to gather myself. All things considered, this year has been a real test and this keeps testing me. I keep evolving as an athlete.

ちょっと不安定で、完璧ではありませんでしたね。6分間練習では、ちょっとバランスが違う気がして。氷にちゃんと乗れていませんでした。本番では、うって変わったのでよかったです!4Tの着氷で失敗した後、集中力を取り戻せたと思います。(今大会の目標:) フリーをやり切ることです。この高い標高においては、ここで練習している自分でさえ、フリーがしんどいので。ジャンプに集中して、ちゃんと降りるようにしないと。呼吸法を考えて、リラックスすること、それが鍵になります。

::: SP後会見 :::

6分間練習では、なんとも不安定で。思っていたよりも、肩身が狭いというか⋯ らしさの出ないまま終わってしまいました。氷のコンディションは、いつもとは少し違っていました。いつもよりも少し緊張してもいました。でも、うまくまとめられたのですごくよかったです!⋯要するに、今季の試合は全部自分への「テスト」で、ずっと試されてる訳です。選手として、進化し続けたいです。

Patrick CHAN パトリック・チャン  Robin Ritoss
2010-2012SP"Take 5"


Patrick CHAN パトリック・チャン  Robin Ritoss
2011-2012FS"Adagio from Concierto de Aranjuez"

::: FS :::

1st 185.99 TES95.83 PCS90.16 overall 1st 273.94
{4T-3T +2.14, 4T +1.86, 3A +1.43, CiSt4 +1.50, FCCoSp3 +0.86 // 3Lz-1Lo-3S +0.40, 3Lo +1.00, 3F +1.10 (planned 3F-2T), CSSp4 +1.14, 3Lz(weak landing) -0.60, 2A +0.93, ChSt1 +1.60, CCoSp3 +0.93}

::: Men Medalist press conference :::

Today I actually felt pretty nervous going into the long, more nervous than I’ve been in a long time. I was very happy. I stayed focused after a rough practice this morning. I took the time to rest and I did the elements really well. I learned a lot this week.

- On fewer crowds
It was a shock in the short program. Daisuke and I just came from nationals where it was a full house every night. It’s odd to be at an event to not have audience to pump you up this late at night. For the long program, it was familiar territory. But we’re such good athletes that we get on the ice and do not pay so much attention to the audience. It was weird but it was good and different.

- On the altitude
I can say that training here is different than actually competing here. I didn’t have an advantage of training here. I hit the wall at a point going into the last spin before the last triple Lutz. I was quite dead. I had to stay on my feet and not get too big because that’s when you lose your balance. I told myself going into my last spin that this is going to be the hardest of them all.

- good aspects for Worlds
For Daisuke and I, going to Worlds, it gives us confidence that it will be easier. It was interesting because last year I didn’t do Four Continents because it was in Taipei so I sat out. I like to see every competition as a training day. Every day I come in and put 100 percent in to it. I kind of have the mentality of taking every competition with the mentality of putting 100 percent into it. Every day I come into each event I feel intimidated by the others. I feel just as on my toes. It’s a mentality I take. I take it seriously. It’s all about developing. Developing as an athlete, developing the sport. Every skater has something to bring to the table. Daisuke, and now Ross.

今日はすごく緊張感があって。フリーの演技にあたってこんなに緊張したのは、ここしばらくなかったです。でもよかったです。今朝の練習はだめだったんですけど、そこから集中力を取り戻したと思います。少し休憩を取ったので、エレメンツがすごくよくなったと思います。今週は多くを学びましたね。

- 会場の客入りについて
ショートの時には驚いてしまいました。Daisuke(高橋選手)と僕は、連夜満席のナショナルを経験してここに来ていますから。夜遅くになって、盛り上げて下さる方が少ない試合というのは、しんみりしちゃって。フリーは、本来そういうものではないと思っています。でも、皆いい選手達ですので、いったん氷に上がれば、お客さんのことは気にしないようにしますけど。違和感もありましたが、でもそれもまたいい経験です。

- 標高についてメダリスト3人に質問
ここでの練習と、ここでの試合は随分違いました。ここで練習していることを、なにひとつ活かせず、で。(笑) 最後のルッツ(着氷が乱れる)の前、スピンに入るところで壁に当たったりして。もう、死んでました!(笑) 慎重に、派手に動かずに、と思っていました。あの状態でそうすると、バランスを崩してしまいますので。最後のスピンに入る前は、「これが最難関のエレメント」と自分に言い聞かせて臨みました。

- 世界選手権に向けて
Daisukeと僕はワールドに出場しますが、この四大陸の演技が自信になって、もっとうまく戦えると思います。昨季の四大陸は台湾で遠かったものですから、出場しませんでした。今回、「四大陸に出てワールドでどうなるか」っていうのはたのしみです。
毎試合「修練を積む」という風に考えたくて。日々是精進、と100%の力で練習しています。自分は、毎試合100%でやらないと気が済まない性分なので。⋯毎日、次の試合の戦いのことを考えるとバビッてしまうので!(笑) ⋯マジで、用意周到に!と努めています。精進とはそういうものです。選手として精進して、このスポーツを発展させていかなければ。どんなスケーターにも素晴らしいところがあって、勉強になります。Daisukeがそうであるように。Ross(3位マイナー選手)もそうですよ。

Patrick CHAN パトリック・チャン  Robin Ritoss
2011-2012FS"Adagio from Concierto de Aranjuez"


Patrick CHAN パトリック・チャン  Robin Ritoss
2011-2012EX"Mannish Boy"



+++ Misha GE mixed zone interviews +++


Misha GE  Robin Ritoss
SP"The Swan"

((英語の次に日本語が続いています。))

::: after SP SP演技後 :::

11th 64.49 TES32.99 PCS31.50
{3A<< (two-footed) -1.43, 3F-3T +0.70, 3Lz +0.70, CCSp2 +0.29, FSSp4 +0.50, SlSt3 +0.79, CCoSp4 +0.64}

I did pretty well. The triple Axel is not so consistent right now, but I am glad that I went for it and that I remained on my feet. So overall I am pretty satisfied as I showed 95 percent of what I can do. I still have to work a lot and to improve the triple Axel. Tomorrow in the free skating I want to skate even better than I did today. (On the audience:) The reaction of the audience was very nice. I didn't expect that they would receive my program so well.

すっごくよかったと思います!今、3Aが安定していないのですが、3Aに挑めて、その後も崩れなかったというのがうれしいです!全体的にすごく満足です。自分の力の95%はお見せ出来たと思います。もちろん、もっとがんばらないといけませんし、3Aもよくしていかないといけません。明日は、今日よりもいい演技が出来たらな、と思っています!(お客さんにウケてましたね。:) 皆さんの盛り上がりが、素晴らしくて。こんな風に僕のプログラムを気に入って下さるとは、思っていませんでした。

Misha GE  Robin Ritoss
SP"The Swan"


Misha GE  Robin Ritoss
FS"War and Love"

::: after FS FS演技後 :::

8th 132.04 TES63.04 PCS69.00 overall 9th 196.53
{3A<< (two footed) -1.50, 3F +0.70 (planned 3F-3T), 3Lz-3T< -0.60 (planned 3Lz), 3Lz +0.60 (planned 3Lz-2T-2Lo), FSSp2 +0.57, 3F(e)-2T -0.80 (planned 3F) // 3Lo +0.70, 3S-2T +0.40, 2A +0.07, CCSp3 +0.07, CiSt3 +1.14, CCoSp4 +0.50, ChSt1 +1.90 (the highest GOE among Men)}

I am overwhelmed by emotion right now. I have worked for so many years and this is only my second year of international competition. Today I fulfilled my dream that the audience enjoyed my performance. Maybe it wasn't perfect technically but I pushed through to the very end. I did not expect to earn a standing ovation. This is a great joy for me. (On good aspect of competing here:) I am just a beginner. I have watched the other higher ranked competitors. They have a lot of experience and I can learn a lot from them, for example how they act at competitions. Now I want to continue to work hard in order to improve for the World Championships.

今は、もう感無量です!長年練習して来て、国際試合に出るのは今季がまだ2シーズン目です。今日は、念願叶いました!お客さんが、僕の演技をよろこんで下さって。技術的には完璧ではなかったかもしれませんが、最後の最後までずっと攻め続けました。スタンディングオヴェイションがもらえるなんて思いもしなかったです。最高の気分です!(今大会の収穫:) 僕は、ひよっこですから。他の上位選手を見て勉強していました。彼らは経験豊富で、学ぶところがたくさんあります。例えば、「大会期間中、どう調整しているか」ですとか。これから、ワールドに向けてもっとうまくなるように、がんばって練習して行きたいと思います。

Misha GE  Robin Ritoss
FS"War and Love"



+++ Photo Slideshows by Robin Ritoss +++

((These are gonna work with iPhone/iPad!))

☞ Mao ASADA

☞ Kanako MURAKAMI

☞ Haruka IMAI

☞ Daisuke TAKAHASHI

☞ Takahito MURA

☞ Tatsuki MACHIDA

☞ Patrick CHAN

☞ Misha GE

☞ INDEX



Practices, Competitions (brief) reports you can read here:
http://japanskates.com/forum/viewtopic.php?t=80

☞ Ladies SP Planned Program Content
☞ Ladies FS Planned Program Content
☞ Men SP Planned Program Content
☞ Men FS Planned Program Content

Result, Judges Scores:
http://www.isuresults.com/results/fc2012/